ブログ* BLOG

ぴとぅ広報になったことを今さっそく後悔している理由(むっちゃん)

 

夢源風人(ぴとぅ)ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

更新3回目にしてブログネタ切れ気味のむっちゃんです。

週刊連載とてもつらい。毎週書きます! なんて高らかに宣言したかつての自分を道頓堀に沈めたい。実家の母親がブログ読んでるのもじわじわ胃にくる。

 

昨日はハロウィン。一部ちびっこや女子たちが仮装して練習会でお菓子を配ってくれて、これがもうすごくかわいかったんですね。

 

ほら見てください、このかわいいチップ。

 

はい揃ったチップとデール。この子たちはリアル姉妹という奇跡。写真はもちろん生で見たら100倍ギャンかわ。

 

あ~もうかわいい。ほんとかわいい。みんなかわいいよ~~~~ハッピーハロウィン~~~~~~~~いちばん本気でプーさんコスプレしてる彼女がフォト内最年長~~~~~~~~~。

こんな感じで楽しく練習しています! みんなぴとぅに入りませんか!トリック オア トリート☆

 

みたいなハートフル練習会報告ブログにしようとしたところ、広報&チーム代表の男から「練習会の内容だけだと、読み物としての面白さがどうなるかがキモかなあ」とのガチめなダメ出し。だれか藁人形と五寸釘をください。

 

タイトルの「ぴとぅ広報になったことを今さっそく後悔している理由」についてですが、先ほど書いた「毎週のブログ更新で白目」がまず1つ。

それに加え「以前より広報として活動している男ふたりが広報チームのハードルを爆上げしている件」について、今からここでガチの愚痴を吐かせてください。

 

ぴとぅ広報の柱たるアラサー男子ふたり

 

両端にいる斑点まみれの男たちがぴとぅ広報チームの柱、あきべーさん(写真右・チーム代表)と、たいがさん(写真左)です。アラサーというか普通にサー超えです。

 

この写真は「高知よさこい祭りの前夜祭、ZOZOスーツを着てひろめ市場で飲もう!!」という企画の様子。広報とは。なおZOZOを着てきたのはふたりだけでした。(写真中央のぜろちゃんは水玉ワンピ。みんな申しわけ程度の水玉アイテムを身につけてきた)

 


同日の昼、たいがさんは全身ZOZOのまま桂浜水族館に行きました。ジンベエザメのコスかな。

左のピンク(リアルおとどちゃん)と並んだ図はほんといろんな意味でやべえなって思います。

 

ぴとぅ歴も長いこのふたり。彼らのチームに対する想いの強さは広報にも現れており、SNS、動画、ブログ、ウェブサイト制作など、これまでありとあらゆる手段と見せ方でチームPRが成されてきました。

 

以下は、彼らがこれまで仕掛けた広報企画の一例です。

「ここまでやれる気がしない」というわたしの絶望を踏まえてご覧ください。

 

 

エイプリルフールに偽クラファンサイト制作

 

『ルーレットを回せ!!鳴子を鳴らせ!!よさこい人生ゲーム(公式HP)』

 

こちらは昨年のエイプリルフールに発表した偽クラウドファンディング企画・よさこい人生ゲームです。

4月1日、ただこの日のためだけにこのウェブサイトが作られました。

 

(もちろん車は150人乗り)

 

”なぜ人生なのか”

よさこいは人生だ。

喜びも悲しみも楽しさも寂しさもすべてが詰まっている、よさこいは人生だ。 友に出会うのも仲間に出会うのも恋人に出会うのも家族に出会うのも、すべてあり得る、よさこいは人生だ──。

 

このように酒の力を借りなければとても声には出せないような文言や、『メンバーの誰かといく龍馬像ツアー』のような「誰か」次第で罰ゲームになりそうなリターンなど、なかなか細部までしっかり作りこまれています。

偽クラファンなので支援はできませんが、よかったらサイトを見てってください。

 

仕掛け人たる男たちは、2018年10月時点から「来年のエイプリルフールどうしようか」などと真剣に話し合っています。

来年も楽しみにしていてください。わたしはブログを理由にノータッチの予定です。

 

 

『ちはやふる』オマージュのPV制作など

 

ぴとぅでは、演舞のプロモーションビデオを毎年制作しています。こちらは、2017年演舞『ハレ、晴れ』の演舞。この動画の監督・脚本を、たいがさんが担っています。

 

『ちはやふる』と『ハレ、晴れ』の世界観が上手くかみ合っていると思います。ちはやふるファンは心してご覧ください。(ぴとぅの活動に競技かるたは含まれません)

 

こちらは、2016年演舞「あふさかんシンフォニー」のPVです。

こちらもよければ観てってください。トップに写る憂いた顔の男性にイラっときた方は本当にすみません。

 

あきべーさん・たいがさん共に、ウェブ制作や動画編集は本業ではなく(たぶんチームPRのために)独学で身につけたスキルです。この労力と能力を仕事に割いたらきっと年収200万くらい上がる気がします。

 

もう誰にも止められないツイッター

ぴとぅのツイッター公式アカウント、中の人1号があきべーさん、2号がたいがさんです。

ふたりの熱量がかけ合わさった結果、ぴとぅアカは立派なツイ廃となりました。

 

 

トレンドへの反応速度と廃人レベルは比例します。

 

 

クリスマス当日にこのツイートを作った姿を想像すると涙が出そうです。

 

 

他チームの「やいろ」さんや「かんしゃら」さんとは、よくこんなコラボツイートをして戯れている現場を目にします。わたしの所感ですが、ぴとぅだけではなく、よさこい界隈には真性ツイ廃が溢れています。

 

わたしも広報チームとしてチーム公式アカウントの更新権限を与えられていますが、ブログ更新のお知らせ以外に入りこむ余地を見つけられません。

あきべーさんに至っては、60秒に1度はツイッターを開いて公式アカの通知欄を確認していて完全に末期だなって思います。

 

こんな環境でもこれからも毎週ブログ更新がんばるので、とりあえず12月23日は大阪へよさこい体験会にきてください。

この熱量とクオリティを出し続けているぴとぅ広報チームに「書くのが好きダカラァ!」くらいのテンションでやってきたわたしは、今日も戦々恐々としながらモスバーガーでブログを書いています。

弱音を吐きつつもブログにちょこちょこと反応をいただけることは嬉しく、これからも皆さんの励みを力にがんばりますので、ここまで読んでくださった方はとりあえず12月23日を空けておいてください。

 

 

来期演舞の振り落とし、そして新メンバー募集のための体験会の時期がやってきました。はや。

現チームメンバーもこの日が初振り落としです。同じ時期から練習を始められるので、「踊ってみたかったけど入るタイミングが分からなくて……」という方には絶好の機会かと思います。

ぜひ来てください。いっしょに踊ってください。あと「ブログ見ました」って声かけてください。報われます。

 

むっちゃん

「そもそもよさこいって何?」Notよさ人な皆さんから聞かれる質問集

 

夢源風人(ぴとぅ)ブログをご覧のみなさん、こんにちは。
ぴとぅ歴10ヵ月の29歳女性・むっちゃんです。

 

わたしは昨年夏よりよさこいを始め、高貴なネット廃人としてよさこいに関する活動をSNSやブログで発信し続けてきました。

その投稿を見た周囲の友人たちから、最近よさこいに関するさまざまな質問が寄せられるようになっています。やったね。みんなまとめて一緒に踊ろうな。

 

今回は、その中でも個人的に聞かれがちな「よさこいに関する4つの質問」について、私なりにアンサーをお届けします。

 

①そもそも「よさこい」ってなんなん?

「よさこい」とはなにか。どうも哲学の時間です。

この質問を受け、チームメイトに「よさこいってどう説明したらいい?」と聞いたら「言葉で説明するとめっちゃ難しそう。そしてよさこいとyosakoiとどまつり系の違いについてh……おっと誰か来たようだ」と返ってきたのでそれ以上の追求は自粛しました。

 

困ったときのGoogle先生によると

高知県に残る民謡。囃子詞として「よさこい、よこさい」と歌われる。その起源については諸説あり、いまだ特定には至っていない。慶長年間(1596年 – 1615年)、山内一豊が入国して高知城を築いたとき、作事場で歌われた木遣り唄のヨイショコイという掛け声が変化したとする説(この場合はヨイショコイという掛け声の意)。正徳年間(1711年 – 1776年)、大奥女中の絵島と歌舞伎役者の生島新五郎の情話が絵島節となってピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨピヨ((続きが知りたい方はwikipediaからどうぞ

 

「こんな知識が知りたいんじゃなくて、よさこいがどういう踊りなのか知りたい」という方へ。

 

本家たる高知よさこい祭りの出場ルールには

①鳴子を手に持って前進する踊りの振付けを基本とする

②曲をアレンジしても良いがよさこい鳴子踊りの曲を必ず入れる

とあります。

 

よさこいをひと言で説明をするのは難しいですが、少なくとも高知で踊るよさこいチームは「鳴子を持ち、よさこい鳴子踊りの曲(いわゆる「よさこい節」)を必ず入れた踊り」をしています。

よさこい鳴子踊りの原点たる「正調(正調)よさこい鳴子踊り」を見てもらえたら、なんとなくイメージしてもらえるかと思います。ここで流れているのが「よさこい節」です。

 

 

よさこいにおける曲と振りの自由度はとても高く、かっこいい、きれい、激しい、穏やか、勇ましい、色っぽいなど、演舞の雰囲気はチームによって大きく異なります。

夢源風人はこんなアレンジです。かっこよくきれいで激しくも穏やかで勇ましさと色っぽさもあります。

 

(2017年演舞『ハレ、晴れ』 11月23日「よさこい イン ふじいでら」で復活披露します

 

 

②よさこいって、徳島のアレよな?

徳島のアレは阿波おどりです。

(左が高知のアレ、右が徳島のアレです)

 

衣装など似ているところもありますが、両者はまったくの別物です。具体的には、よさこいには「鳴子」「よさこい節」といったオリジナルポイントがあります。

あと、阿波踊りのが歴史的には大大大先輩です。

 

 

③よさこいってしんどい??

「踊ることは好きだしよさこいも面白そうって思うけど、踊りが激しそうだし高知よさこいは大変って聞くし、体力に自信がない……」という声は何度かいただきました。

確かに高知よさこい祭りは大変で、そのしんどさをリアルに想像してもらうべく「EXILEのライジングサンを全力で踊りながら1kmくらい行進するようなしんどさかな!!」と伝えたら大体みんなにドン引きされます。メンバー獲得の機会損失。だれか説明変わってください。

 

なお、ぴとぅの振りは個人的にはそこそこ難しく、体力的にもハードです。

でもチームには私のような「よさこい初心者」はもちろん、「踊りの初心者」「体力に自信があるわけでもないドドドドド文化系」もいます。メンバーの年齢は現在9~60歳と幅広め。(年齢制限は「小学生~上はどこまでも」)

それでも高知よさこいで「3日間・70回以上」という激動の演舞ラッシュを踊り切れたので、やってみると皆さん意外といけるのでは??というのが生き証人なりの所感です。

 

 

④よさこいって「夜這い」のことなん??

よさこいについて調べると「よさこい=夜這い説」は確かに出てきます。他にも「ヨイショコイ」や「よってらっしゃい」という言葉が語源になっているなど、よさこいの起源については諸説あるようです。

名誉のために説明しておくと、夢源風人は「よさこい鳴子踊りをするチーム」であり、活動内容に夜這いは含まれません。

 

 

以上、この記事を通してよさこいに関してちょっとでも理解を深めてもらえたら嬉しいです。

他にもよさこいに関して気になること・知りたいことがあれば、こちらからいつでもお問い合わせください。私以外の誰かがきっと教えてくれます。

 

むっちゃん

 

**************

これから一緒に踊る・来年一緒に高知へ行くメンバー大募集中です。

よさこい踊ってみたい・ぴとぅで踊ってみたい・練習見学してみたい・ちょぴっとお話聞いてみたい方も大歓迎:->

募集ページはこちらです!

**************

夢源風人でよさこいしたら人生楽しくなった件(広報 むっちゃん)

 

ブログをご覧のみなさま、はじめまして、こんにちは。

2018年1月から夢源風人(ぴとぅ)に加入したむっちゃんと申します。29歳女性、職業はフリーライターで生業はツイッターです。

 

(下から3番目、左から2番目、オレンジ衣装の女です)

 

私事ですが、今期から「広報班」としてチームに関わることになりました。

より多くの人によさこい・ぴとぅを知ってもらうこと、あわよくばぴとぅに入ってもらって一緒に踊って笑って青春する(&夏には高知で踊って笑って飲んで飲む)ことを目的に、これからあらゆる手段を使って情報発信する所存です。よかったら仲良くしてください。そのうち一緒に踊ってください。

 

わたしは主に、こちらのブログ更新を担当します。

これからこの場でたびたびお目にかかることになるので、わたしの一発目となる本記事では自己紹介とちょっとしたチームプロモーションも兼ねて

 

・よさこいを始めた理由

・夢源風人に入った理由

・夢源風人に入ってとてもよかったこと

 

について、少しお話させてください。

 

よさこいを始めた理由

 

2017年。当時のわたしはマンガ『ちはやふる』『ハイキュー!!』にどハマり中でした。かるたにバレーボール、それぞれ高校生たちの青春部活マンガです。

もともとバリバリの部活人間だったこともあり、二次元な高校生たちのみずみずしい青春ぶりに三次元でガチ嫉妬して「わたしも綾瀬千早や日向翔陽に負けないくらい本気の青春がしたい!!!」という願望を持て余しつつ、仕事もそこそこにゴロゴロ漫画を読むような青春要素ゼロの毎日を過ごしていました。

 

そんな日々をガラリと変えてくれたのがよさこいです。

同年の夏、ひょんな仕事のご縁(始まりはツイッター)から、わたしはなぜか人生初の高知よさこい祭りに出場することになりました。

 

短期間ながらチームメイトと練習を重ね、祭り本番ではたくさんの観客が見守る長い長い商店街を踊りながら進む。あの熱気、あの歓声、あの感動。

高知よさこいには、人生においてちょっと味わったことがないタイプの凄まじい熱狂がありました。

 

(2018年、夢源風人・帯屋町商店街のパレード。あの熱狂は「聞くより見て」です)

 

「もしかして、わたしの求める青春がよさこいにはあるのでは……??」

いつぶりかの感動で胸うち震えたわたしは、このとき本気でよさこいに打ち込む決意をしました。

 

夢源風人に入った理由

 

よさこいをすると決まれば、次に考えるのは「どこで踊るか」です。

全国に何百と存在するよさこいチーム。場所も人数もコンセプトもガチ度も練習頻度も踊りの雰囲気もチームによってバラバラのなか、わたしが所属チームを選ぶにあたって重視したのは以下3点。

 

①部活のようにガチのチーム(やるなら本気でやりたい)

②人数が多くて楽しいムードのチーム(やるならワイワイ楽しくやりたい)

③振り付けに色っぽさがあるチーム(色気がほしい)

 

そんな折、よさプレイヤーな大学時代の友人・かなこと再会します。

 

(ぴとぅ3年目のかなこ、顔面がうるさい)

 

2017年に、ぴとぅ所属で高知よさこい祭りに出場したかなこ。

彼女曰く、「ぴとぅは大阪のチームでもかなり人数多いほうやし、歴史も長いし、高知よさこい常連やし、ガチ度高いし、踊りにおける身体の使い方をしっかり教えてくれるし、だからダンス上手くなるし、出場できるイベントめっちゃ多いし、練習のフォローはビックリするくらい手厚いし、本気で頑張りたい人にはそれ以上の本気で返してくれるし、楽しいし、色気ある見せ方も学べる」とのこと。

 

それ、もうここ一択では??

わたしの願望、150%濃縮還元。

 

その後すぐぴとぅへ見学に行き、振り落としに参加し、踊りながら内心「は、なにコレむっず」とテンパりながらも皆さんに優しくホクホクとかまってもらい、その日のうちにほぼ加入を決めました。

 

夢源風人に入ってとてもよかったこと

 


ぴとぅに入って約10ヶ月。

おかげさまで、二次元高校生たちに嫉妬していたあの頃より582倍楽しい日々を過ごしています。

 

ぴとぅを選んでよかった理由は108個くらいあるのですが、今回は厳選して2つだけ書きます。

 

①踊りとの向き合い方がストイックで、踊り子へのフォローもすごい

振り落としから高知本番までの間、ぴとぅでは週2~3回(1回2~4時間)の定期練習に加えて、別途フォロー練、自主練、合宿が開催されます。(※秋冬は週1の時期も)

これだけでも周囲の友人からは「なにそれ部活?」と言われました。そう部活。わたしの求めたガチのソレ。

 

練習は決してピリピリした厳格な雰囲気ではありません。和やかさも醸しつつ、あくまでも「ストイックに踊りと向き合う空気」があります。インストさん(踊りの指導者)には、ひとつひとつの動きを懇切丁寧に指導してもらいました。

個々へのサポート体制もすごく、自分の踊りとインストさんの動きを照らし合わせた合成動画が送られてきたときは驚愕のひと言です。(下手さ際立って泡吹いた)

 

聞いたら聞いた分以上に、求めたら求めた分以上に、インストさんは本気で向き合って教えてくれます。

かなこの言っていた「本気で頑張りたい人にはそれ以上の本気で返してくれる」はコレか、と思いました。

 

なお、艶っぽい見せ方についてはインストのかなーみさんから学び中です。首、胸、腰、骨盤の動きがポイント。メモ。

わたしのフリを見てもらい「むっちゃんはアレやな、色気を別方向にムダ遣いしてるな」と言われた衝撃は忘れられません。色気を別方向にムダ遣いとは。

 

②年齢、職業、とにかくいろんな人がいて楽しい

年齢は5歳から60歳まで、学生、会社員、主婦、保育士、看護師、介護士、教師、社長、ダンスの先生、デザイナー、カメラマン、コスプレイヤー、アイドルのおっかけ、ビックリドンキーの店員、エトセトラエトセトラ。

 

ぴとぅには、ありとあらゆる各種皆さんがいます。

普通に生活していたらなかなか出会えない人たちと「よさこい」を介して1つの場所に集い、踊り、そして飲み語る。よさこいを始め、ぴとぅに所属したことで、出会いの幅と自分の世界が圧倒的に広がったと感じています。それすなわち人生の充実で、ぴとぅな皆さんのおかげでまたちょっぴり人生楽しくなりました。

 

 

と、このまま書き進めるとあと3万字ほどいきそうなので、もし万が一続きに興味のある方がいたらどこかで直接お話しましょう。

わたしはまたこの1年、ぴとぅで楽しくストイックに踊って踊って踊り散らして、夏には高知で爆発してこようと思います。

 

先日代表がブログにも書いたように、夢源風人は18期に突入しました。

ともに踊り、来年いっしょに高知へ行くメンバーも絶賛募集中です。

 

・よさこいしてみたい

・踊りが上手くなりたい

・本気で打ち込めるなにかがしたい

・チームでなにかを成し遂げてみたい

・いろんな属性の人たちと関わってみたい

・部活みたいな青春がしたい

・『ちはやふる』『ハイキュー!!』が好き

・努力  友情  勝利

 

とかとか、見学希望や「ちょっとお話聞いてみたい!」という方も大歓迎なので、興味があればいつでもご連絡ください。いっしょに踊りましょう。青春しましょう。お問い合わせフォームはこちら★

 

ゑえじゃないか祭り、今週日曜です。

こちらもぜひ見に来てください。

 

むっちゃん

ぴとぅ18期に向けてご挨拶 ─ 目には見えない思いのつながり

気がついたら、夏は過ぎてもう秋真っ盛り。
今年はじめて暖房を使いました。夏に暑い暑い!!と言っていたのが懐かしくすらありますね。

はい、あきべー@代表です。

18期体制になります

夢源風人(ぴとぅ)は10月1日から18期体制に移行しました。
2001年から”高知のよさこい祭り”と”こいや祭り”に出たい!と始まったぴとぅも18年目です。

自分たちのことながら18年間ひとつの物事を続けれるってすごいですね。最近「当たり前のものなんて一つもない」と感じることが多くなり、またこれから1年チームを継続できる嬉しさを噛み締めています。みなさま、いつも本当にありがとうございます。

ちなみに毎年代表の変わる可能性のあるぴとぅですが、18期の代表は継続です。三重から今年も通いますよっ。

目には見えない思いのつながり

ぴとぅのチームコンセプトは「目には見えない思いのつながり」
このコンセプトの元、来年も楽しく、多くのみなさまに支えてもらいながら、ぴとぅのよさこいを作っていきますね。
そして皆様と一緒に楽しめる形を模索していきます!

まだまだ、秋祭りが続く中ですが、18期に向けてのご挨拶でした。
18期、演舞もそれ以外の事も、新しい試みを初めています。そういった試みも今後紹介していけたらなあと思います。是非楽しみにしていてくださいね。

これからも夢源風人の応援、宜しくお願いします。

夢源風人 18期代表 あきべー(柴田彰洋)

それでは、ゑ祭りで会いましょう

ゑ祭り<10.21.Sun> – ぴとぅタイムスケジュール

  • 11:48 シークル
  • 14:00 海への道
  • 15:00 石舞台
  • 17:54 メインステージ
2018年10月17日
/

高知道は無事です!高知への道のり‼(いろんな意味で)

高知道!無事に通れるー!関係者の方ありがとうございます!!

 

7月7日の西日本豪雨で高知道は甚大な被害を受けました。

周囲の被害もさることながら、県外のよさこいやーの気持ちは「無事に高知よさこいにいけるのか??」の一心だったと思います。

その!高知道が!通れる!

ニュースでは知っていたけどやはり実際に通ってみると感慨深い。本当に高知にこれてよかった。一足先に高知県にINしてチームメンバーや、他の県外チームの皆さんをお待ちしています!

準備は万全かい?

ぴとぅは大阪のよさこいチーム。高知に毎年参加しているんだけど、高知に毎年参加しつづけるのって結構ハードル高いと思うんです。他の祭りでは使わない準備物が大量です。踊り子個人ではもちろんですが、今回はチームの準備に関して少し紹介します!

地方車が必要

高知の音の華といえば地方車。各チームが思い思いのデザイン、設備を整え、チームを先導する地方車を制作しているはず。地方車には音を鳴らす以外に、チームの物品基地的な意味合いもあると思うんです。ぴとぅは車内を快適に利用するためアルミラックを持ち込んでいます。他の祭りでアルミラックなんて持ち込まないけど、高知ではおススメです笑

「アルミラック」の画像検索結果

給水物資が大量

ぴとぅは三日間踊ることができています。そして高知の演舞はタイムテーブルがほとんどなくて、演舞回数がめちゃ多い。なので、、、給水やあらゆる物資がめちゃめちゃ大量に必要。参考にぴとぅは500ℓ以上の水分を準備していますし、塩分やカロリー補給などの確保にAmazonや楽天とにらめっこする期間が出来ます。

「サンガリア ポストニックウォーター」の画像検索結果

撮影データもり沢山

演舞回数50回以上、その場で踊るのも大切な思い出ですが、後から見ても思い出は色あせませんよね。最近のよさこいチームは撮影専属スタッフを確保している所が多いと思います。ぴとぅも数年前から静止画、動画共に撮影スタッフを構成するようになりました。

そして、夜な夜な集まるデータ達。効率的に処理するために実はパソコンを大量に持ってきています。チーム用のパソコンだけで5台以上。準備していると「あれ?踊りに来たのになんでこんなに電子機器多いの??」ってなります。

「パソコンたくさん フリー素材」の画像検索結果

こんなん準備しながら、準備万端かな??って10回くらいは確認してGOってなるわけですよ。

でも忘れ物するんだなぁ

はい、パソコン忘れました。。。

このために新調したのにね。でもうちには強い味方が!

そう今日は8月8日……そう!世界猫の日!!!

ねこ

ネコ

🐈

「ヤマト」の画像検索結果

神猫『はーい!それでは8月10日にお届けしますねー!』

ありがとうクロネコヤマトさん!

 

高知道も開通してるし!本当にありがとうございます!!!

 

みんな、準備は万端かい?!!

準備万端なぴとぅの演舞予定はこちら!!よろしくお願いします!

あと100日!原宿表参道元氣祭スーパーよさこい!暑い夏をぴとぅとご一緒にー!

 今年も!
8/25、26の原宿表参道元氣祭スーパーよさこい、通称「スパよさ」に!出場できることが決まりましたーーー!!!いえーーーーい!!!
昨年、夢源風人は勇気をだして初出場。
みんなで表参道選考枠に選んでもらい、また来年も踊りたい!と思ったスパよさ!
またみんなで大人数であの楽しさを味わいたい!ココロ咲ク夏も、東京の人たちにも見てもらいたい!
 

なのでまだまだ踊り子募集なんです

本当にありがたいことに今年の夏も。高知3日間、スパよさと夏がアッツアツです。そんなぴとぅの募集は今月末で一旦調整に入る予定です。
踊ってみたい、そう思ったことはありませんか?なにか始めたい、ちょっと日常を変えたい、今と違う世界を見てみたい。
なんでもいいんです。そんな時に「ぴとぅ」が頭にうかんだら、一度問い合わせをしてみてください。
夏を一緒に作りましょう。駆け抜けましょう。もう夏はすぐそこです!!
高知の募集で出したキーワードはこの瞬間/365日
「この瞬間」とはあなたにとって高知かもしれません。東京かもしれません。もちろん、地元の大阪かもしれません。一人ひとりのこの瞬間を作っていきましょう!

最後にPR!

去年の思い出のパレード動画を載せておくので、これをみて、みんなスパよさに行きたくなってね!

親睦会を開催。童心にかえってキャンプしてきました。

4月28日(土)→29日(日)、河内長野にある関西サイクルスポーツセンターでキャンプに行って来ました。その名も『お披露目お疲れさま!高知に向かって突っ走ろう親睦会』

よさこいを通して出会った仲間でのキャンプ。童心にかえって楽しみました☆

衣装姿や練習中には見れないメンバーの表情☆2日間の様子をご覧ください。

お空が「楽しむんだぞぉ!」って言ってくれてるみたいな快晴!

到着するなり、みんな遊ぶ遊ぶ!関西サイクルスポーツセンターと言えば、変わり種自転車でしょう!

そして自然の中を清々しくサイクリングするメンバーも。

夕方には、施設内キャンプ場にチェックインして、バーベキュータイム!

夜には、素敵な夜空の下で本気のキャンプファイヤー!

定番の『燃~えろよ、燃えろ~よ~』の大合唱に始まり、『うらじゃ音頭』も踊りました。

関西サイクルスポーツセンターにはこんな乗り物も!

たっぷり遊んでたっぷり食べてたっぷり喋って。2日間を通して、メンバーの親睦が深まったのではないでしょうか?

さぁ!い~っぱい遊んだ後は、この親睦会の名前の通り!高知よさこい祭りまでぴとぅは突っ走りますっっっ

ご期待ください☆

※今年も私たち夢源風人は本祭2日間と全国大会の計3日間参加します!

 

まだまだメンバー募集中です。まずは練習会に見学に来てください!お問い合わせはお気軽にっっ

 

 

新しい事を始めるか悩んでる貴方!今なら同じスタートの仲間がたくさんいます!是非、体験にお越しください!

4月18日(水)大阪城公園での練習会(^-^)

ぽかぽか暖かかったり、ひんやり肌寒かったり、忙しい気温ですが、毎週水曜日は屋外での練習が始まっております!

御披露目イベントや、依頼演舞で『ココロ咲ク夏』、皆様に楽しんでいただけてますか?無事に御披露目できてほっとしておりますが、ぴとぅはこれからが本領発揮です☆

パレード練習を始め、細かい部分まで徹底的に練習して、みんなで振りを空気をココロを揃えていきます。

日曜日に関西よさこい説明会があり、この日の練習には合説に参加いただいた4名の方が体験に来られました。

よさこい初心者さんも経験者さんも鳴子の持ち方、鳴らし方、身体の動かし方など、ゆっくりじっくり体験していただきました。

なんと今回体験した4名全員がぴとぅのメンバーに仲間入りの決意をしてくれました☆

体験者さんのご質問に

『超初心者でも大丈夫ですか?』『体力に自信がないんですが大丈夫ですか?』『難しそうな振りで踊れるか不安です』

などなどのお声をいただきます。

答えは

初心者から始められる方はたくさんいます!何事も貴方自身です!ぴとぅは頑張る人を応援し、共に頑張るチームです☆

御披露目や合説が終わった今の時期から始められる方はたくさんいます☆

悩んでる貴方!同じスタートの仲間がたくさんいる今の時期に是非一歩踏み出してください(*^^*)

※22日(日)は難波宮跡公園に変更になりました。

まずは練習会に遊びに来てくださいね!お問い合わせはお気軽に!

お待ちしています(^-^)

 

 

開催報告 | よさこいを始めてほしい、高知に一緒にいきませんか?関西よさこい説明会を開催しました

4月15日、関西よさこい説明会を行いました。天気の様子が心配でしたが、みんなの日頃の行いで素敵な天気の中の開催となりました。

よさこいを知るきっかけになってほしい

よさこいを知るきっかけ、高知を知るきっかけに始めたこの説明会。今年で3回目の開催と相成りました。参加チーム5チーム。事前エントリー人数30名。今年も多くのみなさんにお越しいただき開催者冥利につきます。

開催までに参加の方にお話を伺っていたら、なんと京都から参加してくれたよさこい未経験の方が!まさに”よさこいを知るきっかけ”の1つになれたのかなと嬉しくなりました。

また今回の印象としてフリータイムが大変な賑わいでした。プレゼンタイムが終わった後、参加者のみなさんは時間いっぱいまで様々なチームさんとお話されていました。

説明会を見守るあの方の御姿。

開催の様子

進行順に会の様子をご紹介!

実は今回、やいろさんは踊り子募集が満員御礼になっていました。今年で解散されるやいろさんですが、一緒にこの説明会をやってくれるということでしたので今日の趣旨やよさこいについてをお話しいただきました。

高知県大阪事務所さん。去年に引き続きご協力いただきました!高知の魅力を存分に語っていただきました。またミレーや高知家バッジもご提供いただきました。ありがとうございます!

かんしゃらさん。スライドかっこいい。ほんとスライドかっこよくてもう、─美しく格好良いプレゼンテーション─

浪花乱風さん。2枚目の写真から感じる力強さ!会場の笑いを一番持っていったのは今年も浪花乱風さんでした。

ぴとぅです。よさこいを始めてほしい、そして高知に行ってほしい!

 

百物語さん。関東が多いですが関西にもメンバーは沢山。そして3時間の内容を10分間にぎゅっと凝縮してくれました!またプレゼンターのお二人は衣装でのPRでした。

まとめとこれらのチームに興味を持ったら

いかがでしたか?

今年で3回目の関西よさこい説明会。参加チーム一同来年もぜひ開催したいと考えています。またよさこいに興味を持ったらぜひこちらから各チームに連絡してみてください!

 

最後に開催者側で集合写真。集合写真にはいませんがやいろさんも一緒です!(右上)

京都さくらよさこいにて、桜もココロの花も満開に咲きました!

3月31日(土)&4月1日(日)

澄んだ青空と満開の桜の下、京都さくらよさこいに参加しました。

『ココロ咲ク夏』お披露目第2段としてのイベント。不安と緊張もありましたが、演舞が始まれば踊り子の笑顔の花が満開に☆

大東ふれあいフェスタでも配布したうちわを今回も配布し、会場全体がぴとぅファミリーとなって、思い思いのキレイな花を咲かせることができたのではないでしょうか?

演舞時間以外でも楽しみました!

※川辺でたそがれるおじさんズ

※会場移動中のひとこま

※ドラゴンボールごっこ

※キレイな風景で衣装が映えます!

京都さくらよさこいの魅力はまさにこの花咲く綺麗な空間ではないでしょうか?今年はお天気にも恵まれ、最高の2日間でした☆

踊り子の声

京都さくらよさこいでぴとぅデビューを果たした『こまさん』に感想をいただきました☆

※写真右側、笑顔弾けるこまさんです

今回京都さくらよさこいで夢源風人にデビューしました、こまです。さくよさお疲れ様でした。
皆様がご覧になられた「ココロ咲ク夏」は構成も大変で不安で不安で仕方ありませんでした。ですがインストの皆様の優しいアドバイスや臨時練習のおかげで少しずつ前に前に進んで行くことができました。
本番前は不安がワクワクに代わり楽しんで踊る事ができました。ミスもしてしまいましたがこの二日間夢中で踊りきることができました。
たくさんの仲間たちとお互いを高め合っていきながら頑張っていける。そんなチームです。
まだまだ練習頑張っていきます。

※演舞以外の時間にはぴとぅミニーズと仲良く遊んでくれる優しいこまさん

番外編

2017年の京都さくらよさこいのフォトコンテストでぴとぅのこどもインスト『みゆか』が被写体となった写真が見事入賞☆

今年のポスターやガイドブック、会場のあちらこちらに写真がありました!

さぁ!いよいよお祭りシーズン到来ですっ!まだまだメンバー募集中☆お気軽にお問い合わせくださいね!

 

このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
ぴとぅ広報になったことを今さっそく後悔している理由(むっちゃん)

 

夢源風人(ぴとぅ)ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

更新3回目にしてブログネタ切れ気味のむっちゃんです。

週刊連載とてもつらい。毎週書きます! なんて高らかに宣言したかつての自分を道頓堀に沈めたい。実家の母親がブログ読んでるのもじわじわ胃にくる。

 

昨日はハロウィン。一部ちびっこや女子たちが仮装して練習会でお菓子を配ってくれて、これがもうすごくかわいかったんですね。

 

ほら見てください、このかわいいチップ。

 

はい揃ったチップとデール。この子たちはリアル姉妹という奇跡。写真はもちろん生で見たら100倍ギャンかわ。

 

あ~もうかわいい。ほんとかわいい。みんなかわいいよ~~~~ハッピーハロウィン~~~~~~~~いちばん本気でプーさんコスプレしてる彼女がフォト内最年長~~~~~~~~~。

こんな感じで楽しく練習しています! みんなぴとぅに入りませんか!トリック オア トリート☆

 

みたいなハートフル練習会報告ブログにしようとしたところ、広報&チーム代表の男から「練習会の内容だけだと、読み物としての面白さがどうなるかがキモかなあ」とのガチめなダメ出し。だれか藁人形と五寸釘をください。

 

タイトルの「ぴとぅ広報になったことを今さっそく後悔している理由」についてですが、先ほど書いた「毎週のブログ更新で白目」がまず1つ。

それに加え「以前より広報として活動している男ふたりが広報チームのハードルを爆上げしている件」について、今からここでガチの愚痴を吐かせてください。

 

ぴとぅ広報の柱たるアラサー男子ふたり

 

両端にいる斑点まみれの男たちがぴとぅ広報チームの柱、あきべーさん(写真右・チーム代表)と、たいがさん(写真左)です。アラサーというか普通にサー超えです。

 

この写真は「高知よさこい祭りの前夜祭、ZOZOスーツを着てひろめ市場で飲もう!!」という企画の様子。広報とは。なおZOZOを着てきたのはふたりだけでした。(写真中央のぜろちゃんは水玉ワンピ。みんな申しわけ程度の水玉アイテムを身につけてきた)

 


同日の昼、たいがさんは全身ZOZOのまま桂浜水族館に行きました。ジンベエザメのコスかな。

左のピンク(リアルおとどちゃん)と並んだ図はほんといろんな意味でやべえなって思います。

 

ぴとぅ歴も長いこのふたり。彼らのチームに対する想いの強さは広報にも現れており、SNS、動画、ブログ、ウェブサイト制作など、これまでありとあらゆる手段と見せ方でチームPRが成されてきました。

 

以下は、彼らがこれまで仕掛けた広報企画の一例です。

「ここまでやれる気がしない」というわたしの絶望を踏まえてご覧ください。

 

 

エイプリルフールに偽クラファンサイト制作

 

『ルーレットを回せ!!鳴子を鳴らせ!!よさこい人生ゲーム(公式HP)』

 

こちらは昨年のエイプリルフールに発表した偽クラウドファンディング企画・よさこい人生ゲームです。

4月1日、ただこの日のためだけにこのウェブサイトが作られました。

 

(もちろん車は150人乗り)

 

”なぜ人生なのか”

よさこいは人生だ。

喜びも悲しみも楽しさも寂しさもすべてが詰まっている、よさこいは人生だ。 友に出会うのも仲間に出会うのも恋人に出会うのも家族に出会うのも、すべてあり得る、よさこいは人生だ──。

 

このように酒の力を借りなければとても声には出せないような文言や、『メンバーの誰かといく龍馬像ツアー』のような「誰か」次第で罰ゲームになりそうなリターンなど、なかなか細部までしっかり作りこまれています。

偽クラファンなので支援はできませんが、よかったらサイトを見てってください。

 

仕掛け人たる男たちは、2018年10月時点から「来年のエイプリルフールどうしようか」などと真剣に話し合っています。

来年も楽しみにしていてください。わたしはブログを理由にノータッチの予定です。

 

 

『ちはやふる』オマージュのPV制作など

 

ぴとぅでは、演舞のプロモーションビデオを毎年制作しています。こちらは、2017年演舞『ハレ、晴れ』の演舞。この動画の監督・脚本を、たいがさんが担っています。

 

『ちはやふる』と『ハレ、晴れ』の世界観が上手くかみ合っていると思います。ちはやふるファンは心してご覧ください。(ぴとぅの活動に競技かるたは含まれません)

 

こちらは、2016年演舞「あふさかんシンフォニー」のPVです。

こちらもよければ観てってください。トップに写る憂いた顔の男性にイラっときた方は本当にすみません。

 

あきべーさん・たいがさん共に、ウェブ制作や動画編集は本業ではなく(たぶんチームPRのために)独学で身につけたスキルです。この労力と能力を仕事に割いたらきっと年収200万くらい上がる気がします。

 

もう誰にも止められないツイッター

ぴとぅのツイッター公式アカウント、中の人1号があきべーさん、2号がたいがさんです。

ふたりの熱量がかけ合わさった結果、ぴとぅアカは立派なツイ廃となりました。

 

 

トレンドへの反応速度と廃人レベルは比例します。

 

 

クリスマス当日にこのツイートを作った姿を想像すると涙が出そうです。

 

 

他チームの「やいろ」さんや「かんしゃら」さんとは、よくこんなコラボツイートをして戯れている現場を目にします。わたしの所感ですが、ぴとぅだけではなく、よさこい界隈には真性ツイ廃が溢れています。

 

わたしも広報チームとしてチーム公式アカウントの更新権限を与えられていますが、ブログ更新のお知らせ以外に入りこむ余地を見つけられません。

あきべーさんに至っては、60秒に1度はツイッターを開いて公式アカの通知欄を確認していて完全に末期だなって思います。

 

こんな環境でもこれからも毎週ブログ更新がんばるので、とりあえず12月23日は大阪へよさこい体験会にきてください。

この熱量とクオリティを出し続けているぴとぅ広報チームに「書くのが好きダカラァ!」くらいのテンションでやってきたわたしは、今日も戦々恐々としながらモスバーガーでブログを書いています。

弱音を吐きつつもブログにちょこちょこと反応をいただけることは嬉しく、これからも皆さんの励みを力にがんばりますので、ここまで読んでくださった方はとりあえず12月23日を空けておいてください。

 

 

来期演舞の振り落とし、そして新メンバー募集のための体験会の時期がやってきました。はや。

現チームメンバーもこの日が初振り落としです。同じ時期から練習を始められるので、「踊ってみたかったけど入るタイミングが分からなくて……」という方には絶好の機会かと思います。

ぜひ来てください。いっしょに踊ってください。あと「ブログ見ました」って声かけてください。報われます。

 

むっちゃん