第31回中之島祭り 2日目(2002/05/04)

風人が初めて祭りのステージに立ったイベント。

勝負の表情で必死に踊った、まさに背水の陣とはこのためのもの?

笑顔も余裕も持てず、とにかく一念発起で覚えたての踊りを最後まで間違えずに踊る!という緊張固めの現実。

平然を装うこともできず、ただ目の前に広がっている屋台の列に目を向けて観客の視線を無視。 今となれば可愛いもんだったと自潮。

にがい思い出でもあったけれど、いろいろ楽しかった。

(みかちん)

festival_2002-05-04_0 festival_2002-05-04_1 festival_2002-05-04_2 festival_2002-05-04_3 festival_2002-05-04_4 festival_2002-05-04_5

コメントする

one × two =

このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。