Archive

ぴとぅカメラスタッフです

見出し画像

blogを見てくれている皆様、こんにちは。
本日は、ぴとぅで数年写真を撮っている、ちはるが書かせてもらいます。

よさこいとの出会い`

2002年(だったはず?)の8月。
愛知県名古屋市で開催されている「にっぽんど真ん中祭り」に知り合いが出場するということで、友達と見に行ったことが
よさこい人生の始まりとなります。

よさこい撮影のきっかけ

あまり知られていないかもしれませんが
三重県津市で開催されている安濃津よさこいの学生実行委員として
大学時代に3年ほど活動していました。
当時は大阪、愛知、三重、静岡、北海道etcと各所の祭りのスタッフをして
色々なチームの人たちと交流の輪を広げていました。
そのときに現代表かなーみとも繋がりができました。

しばらく学生実行委員を続け、いざやめるとなったときに
今までよさこいを通じて出会った人たちとの記録が何もない!
と思うようになり、思い出のために写真を撮ろうとしたのがきっかけとなります。

画像1

2006年こいやまつり。スタッフをやりながら最後の最後に撮影した一枚。

画像2

2006年学生実行委員活動最後の安濃津よさこいのステージ。

ぴとぅの記録

ぴとぅカメラスタッフのblogなので
ここからは写真で時を進めてみましょう。

まずは写真を撮り始めた2006年!
四日市よさこい

画像3

こいやプレイベント

画像4

2008年
浜松がんこ祭

画像6

こいや祭り

画像7

2009年
浜松がんこ祭 

画像8

まだぴとぅスタッフでもないのに集合写真を撮っていた(笑)

2011年
安濃津よさこい

画像9

ぴとぅのカメラスタッフとしてチームに入った2013年。
京都さくらよさこい

画像10
画像11
画像12
画像13

かえるまつり

画像14
画像15

四日市よさこい

画像16

2014年
京都さくらよさこい

画像17
画像18

Worldあぽろん

画像19

よさこい祭り(高知)

画像20
画像21

2015年
安濃津よさこい

画像22
画像23

2016年
よさこい祭り(高知)

画像24
画像25

2017年
よさこい祭り(高知)

画像28


原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

画像26
画像27

2018年
京都さくらよさこい

画像29

能登よさこい

画像30
画像31

原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

画像32
画像34

ゑぇじゃないか祭り

画像34

2019年
大東ふれあいフェスタ

画像35

京都さくらよさこい

画像36

原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

画像37
画像38

お写真紹介しましたが、
他の祭りはもちろん通常の練習の写真も沢山撮っています。
コロナの影響でしばらくの間、撮影の機会がないですが
今後も「夢源風人」の成長、踊り子の笑顔を撮り続けていきます!!

ぴとぅライフ

見出し画像

自己紹介

著者 ちゅん
ぴとぅでは主にかめらまん。
広報のお手伝いもさせてもらってます。

一章 遡ること16年。

2005年夏、人生で初の高知県入りを果たした。嫁さんの田舎である高知の西へ向かう途中高知市内でお祭りがあるというので、寄り道がてら観に連れて行ってもらったのである。追手筋沿道には、爆音で演舞曲を奏でながら進むトラック(のちに地方車と呼ぶことを知るのだが、それは随分後のこと)の後ろには、たくさんの綺羅びやかに着飾った踊り子たちが、かっこよく、綺麗に、楽しそうに、踊り進んでくる。次から次へとチームがやって来るのだが、とにかく爆音で、衣装・踊り・音楽・小道具・トラック、どれ一つをとっても違う、何もかもが多彩すぎる衝撃的光景に圧倒された。この時が、「よさこい」との初めての出会いであった。。。

今思えば、この出会いが人生の分かれ道、「よさこいライフ」まっしぐらに突き進むことになるとは、当時の自分は思いもよらなかったであろう、なくらい変わった瞬間でした。
曲調がみんなノリやすくて、踊りも多彩だし、沿道の人々の空気感も楽しく、とにかく「よさこい」に惹きつけられて、何度もよさこいを観に高知へ行くようになった。ちょうど同じ時期に、同級生で友達の”ばんぶ”が偶然にも、「よさこい」を始めていたこともあり、仕事がらみでミラーレスカメラを手にすることになったこともあって、下手ながらも本格的に踊り子さんを撮るようになったのはホント不思議な縁である。

二章 外から中へ。

2011年からは、カメラ片手に「よさこい」で踊り子さんをたくさん撮るようになっていて、友達の”ばんぶ”が踊るチームさん「櫻嵐洛」や「颯戯FU-JA」、「百物語」を中心に、出会うチームさんを観て楽しんで、撮って楽しんで、呑んで楽しんでと、高知の夏を満喫するようになっていましたね。

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5

お気に入り会場はやっぱり、帯屋町筋です!距離感・空気感・踊り子のテンション、最高ですね。帯屋でたくさんのチームさん撮りました。”高知”を楽しむようになったのもこの頃から。3月にある高知のイベント「おきゃく」も2012年・2013年と通いましたよ。

画像6
画像7
画像8
画像9
画像10

高知以外のお祭りにも行くようになったのは2013年頃からでした。

画像11
画像12

友達の”ばんぶ”が踊るので、チームを追いかけて撮るようになったのは、ある意味必然でしたが、そんな2014年夏、「よさこい祭り」を一人で撮影しつつ楽しんでいた梅ノ辻競演場で、とある出来事が、、、沿道でお婆さんから声を掛けられたのである。
この後、孫が踊るチームが来るので、撮ってもらえないか?と、おっしゃられる。
そのチームさんが「踊り侍」で、もともと撮りたいチームさんだったのでお引き受けすることにしました。ただ、お孫さんの顔はわからずなので、たくさん撮るしかなかったわけです。なので、何度か「踊り侍」を追いかけて撮りました!一観客なのに、変な感じですね。。。撮った写真と写真集を後ほど送らせてもらったところ、残念ながらご本人さんは写っていなかったようです(笑)それでも、お友達が写っていたようで、喜んでいただけたようでした。おもしろいご縁でしたね。

画像13
画像14

この頃から、チーム参加も意識し始めていたのでしょうかね。2015年3月の「おきゃく」では、”ばんぶ”がつないでくれた「風舞人」の方々と呑んだりしながらチーム参加してみては?と薦められたりもしました。

画像15

そんなこんなで自由な「よさこいライフ」を送っていたわけですが、2015年4月の「さくよさ」で、「夢源風人」の「万華鏡」と出会い、この演舞に一目惚れ。今でも一番好きな演舞です。6月には、問い合わせしてました。そして、そのまま参加することに!ぴとぅかめらまんの幕開けとなりました。

画像16
画像17

2015年からは、高知の夏をぴとぅかめらまんで楽しむようになりましたよ。詳しくはまた後で。
「よさこいライフ」=「ぴとぅライフ」となったわけです。
ちなみに「夢源風人」を認識したのは、2014年の「ゑぇじゃないか祭り」で「夏色に心踊りて夢ひらく」、初写真を撮っていたのは、2012年の「よさこい祭り」で「かざぐるま」なのです。(たまたまでしたけど)

画像18
画像19
画像20

チームかめらまん、結構大変です。でも、最高の特等席で最高のアングルで最高のチームのみんなを観れる・撮れる・応援できる!素晴らしい時間を過ごせています。
唯一辛いのは、他のチームさんを観る・撮る・応援する機会が減ることですね。ちょっと哀し。

三章 ファミリー。

2015年からは「ぴとぅライフ」一色、チームで楽しく過ごさせてもらいつつも、家族ほっぽっての参加もなかなか簡単ではなかったわけで。お祭りやイベントには、だいたい子供たちも一緒に連れていくことが多く、でも、ぴとぅメンバーがいつも、子供たちと一緒に遊んでくれたり見てくれたりとフォローしてくれて、ものすごくありがたかったですね!ぴとぅのみんなに感謝!
2016年の5月には、ぴとぅBBQに子供たちと再び参加。(2015年にもぴとぅBBQがあり参加してたのですよね)このBBQで子供たち向けに「よさこい体験会」をしてくれたのを機会に、子供たちが「よさこい」を始めることとなり、こうなると僕一人では無理なわけで、嫁さんまで参加することになるという。(完全に巻き込まれ事故というやつです)を経て、家族揃ってぴとぅファミリーとなりまして、これまた我が家にとって大きな出来事となりました。

画像21
画像22

それから、子供が振り覚える手助けも兼ねて、一緒にシンフォニーの振り落としに参加して、初めて振りを覚えたのも、今となっては嘘みたいなホントの話。(太鼓振りでした)
それからは「よさこいライフ」=「ぴとぅライフ」=「ファミリーライフ」となって、日々どっぷりと「よさこい」漬けですよね。。。笑
毎年、”高知”=「よさこい祭り」で帰る、そのまま高知を旅する、という流れの夏。いつの間にやら家族の恒例行事に。
「高知」よきかな。「よさこい」よきかな。「夢源風人」よきかな。

四章 かめらで撮るということ。

ぴとぅかめらまん。カメラ部所属で一番のお仕事は、お祭りやイベントでぴとぅのみんなを撮ること!ではなくて、ぴとぅのみんなに撮った写真・動画を共有すること。撮った写真を喜んでもらえたらそれが一番うれしいのですよね。そして、撮った写真をそのまま見てもらう、というわけにはいかなくて、出せないものを取り除き、ある程度の補正をかけて見やすくしたりと、この作業がなかなかに大変で、高知終わりは最も厳しいお時間なのですよね。何しろ、高知は年間で一番、一日当たりの撮影枚数が多いですからね。

キャプチャ

といった感じ(僕の場合)で、改めて見るといっぱい撮ってますね。それだけ踊り子も回数踊ってますけどもね。こんなにも残したい光景があるってことなんですよ。びっくりです。これでも連射はほとんどせず、一枚一枚狙って撮るし、交代で動画を撮ってたりもするから、もしかしたら大したことないのかも知れませんね。
カメラ部では、撮った写真を、減らして(僕の場合平均半分くらいになる)補正する作業をして、「ぴとぅ大感謝祭」までにパッケージングしてお渡しする流れが恒例となっております。
ボリューミーながらも、高知の振り返りをするのは楽しいもので、みんなの姿が作業の励みにもなるのですよね。みんないい顔してるのですよ。
ぴとぅかめらまんで嬉しかったことといえば、よさこい祭りでの地方車上からの撮影や、全国大会中央公園の櫓上からの撮影でしょうか。凄かった!各会場、目の前でみんなの笑顔が見れるのもたまりません!踊り子でもないのに、お客さんからうちわで扇いでいただけるのも嬉しいものです。

画像23
DSC03995 - コピー

ただ、炎天下にかめら2台持ちで前行ったり後ろ行ったり走り回るのはなかなかにキツイです。カメラ部共通で心がけていることが、できるかぎりメンバーみんなを撮ること!としているので、そのためには行ったり来たりがとても大事なことなんですよ。年々キツイですがw
でも、かめら持ったら楽しくて止められないのです。
そんなわけで「ぴとぅかめらまんライフ」を満喫しております。

五章 知る楽しさ、作り上げる楽しさ。

ぴとぅでは、広報にも参加させてもらっておりますが、広報がやっていることとは何?ということで。簡単に言えば、「情報発信」です。言い換えれば「魅力発信」であり、魅力を伝えたい”人”がいるわけで、その”人”とは、”チームの外の人”や”チームの中の人”、というチームの内外に向けた発信を行っているところです。
ぴとぅメンバー協力の下(みんないつもありがとう!)、伝えたい情報をまとめて、いろいろなツールを使用して内外へ発信しています。
例えば、PV映像。パロディなものから真面目なものまで!
ここ最近では、

2016年 https://youtu.be/kcgs1IKXOKc
2017年 https://youtu.be/a8F1snuSqX4
2018年 https://youtu.be/0kEdmh0cVJY
2019年 https://twitter.com/i/status/1242093246672584704
     https://twitter.com/i/status/1235037648395239424

といったものや、
メンバー限定webマガジン「みてぴとぅ」コーナー盛りだくさん。

画像41
無題
画像27
画像28

こちらもパロディ映像「ピトゥタイムズ」
ピトゥタイムズ PV撮影現場 取材プロデュサー 30秒
https://www.youtube.com/watch?v=JAug1E5QDuY
ピトゥタイムズ 拠点テレ取材 60秒
https://youtu.be/dl7ObLpiveY
特集 ピトゥ、月へ行く。あきべーエンジニア担当インタビュー
https://youtu.be/JlIR3YBUGKE
ピトゥタイムズ 会いたい
https://www.youtube.com/watch?v=HXQBsFbUbMA

エイプリルフール!
2019年エイプリルフール「ぴとぅ鳴子変えます!Project M」
https://pitwu.com/2019/03/naruko-fool/
Project M ~最高の鳴子に思いをかける者たち~
https://www.youtube.com/watch?v=Hx3YM3KABuY

画像29
画像30

などなど、ゆるっと楽しい情報出しに挑戦しているので、これはこれで面白い体験(ロケ撮影やインタビューなど)をしながらも、ぴとぅの魅力を知るいい機会にもなって、一石二鳥的な立ち位置かもしれませんね!作り上げる過程では、たくさん知らなかったことを得れたり、協力してくれるみんなの、いつもと違う側面が見れたりするのはとても嬉しいし、ロケ撮影などがあると現場でのやりとりが楽しくてしょうがない!みんなでワイワイは笑顔が尽きない。もちろん、やるときは真剣にやっておりますとも、いいモノを作り上げたいのはみな共通ですからね。あと、動画編集とかまぁまぁ覚えたので、スキルアップしました!
普段ではできないことに挑戦する広報さん。レベル上げには最適です(何の?笑)

結び 目には見えない思いのつながり。

僕がぴとぅで一番共感することがこの言葉。
「目には見えない思いのつながり」
メンバーでこの言葉に共感する人も多いのではないかと思います。
ぴとぅに入って一番驚いたことが、代表が一年か二年で交代するシステムであること。凄くないですか?繋いでいくって簡単なことではないと思うのです。なのに、それを実現していってることが凄すぎて。まさに「目には見えない思いのつながり」を体現していってるのではないかと思うのです。このシステムについては、これから先もずっと続いてくれたら嬉しいですね。
また、メンバーのみんなもご縁を疎かにはせず、声かけあっていろいろなことを繋いでいっていることも多くて、いつも関心するばかりです。もちろん完璧なんて存在しませんから、至らないこともあるとは思います。それでも、チームとして物事の判断をする時に、「目には見えない思いのつながり」が根底に流れていることが感じられるので、このチームのとても良いところなのだと思っています。人がたくさん集まれば、ぶつかることは多々ありますが、「目には見えない思いのつながり」という、自分(個人)だけでなく、チームや周りの関わる人々の未来のことも考えて動ける良いチームだと思うので、夢源風人とご縁があって本当に良かった!
最後に、ぴとぅに入って良かった一番は、仲間であり、友達である、メンバーと繋がれたこと。ぴとぅで過ごす時間はもちろんのこと、ぴとぅ時間+αで「よさこい」関係なく、呑みに、お出かけに、
ゲームに、家族ともども一緒に遊ぶ時間は、楽しくて楽しくて。

「よさこいライフ」=「ぴとぅライフ」=「ファミリーライフ」とてもとても充実しております。

画像31
画像32
画像33
画像34
画像35
画像36
画像37
画像38
画像39
画像40

12年くらい前の話

わたるんです。

では、簡単に自己紹介を、、、
・2008年10月にぴとぅのメンバーになる(8期がスタートした頃)

・12期までは踊り子として祭にも参加していた

・ぴとぅの公式サイトに関わっている

きっかけ

2008年4月、当時の職場でぴとぅのメンバーの人に出会いました。
それがきっかけとなり、今に至ります。

昼休みの食事中にほぼ毎日、よさこいの話をしてくる人がいました。ぴとうのメンバー(8期の副代表)の人でした。

半年くらいそんな日々が続いて、練習会の見学をさせてもらうことになり、
2008年10月のとある水曜日に大阪城公園に行きました。

見学するだけのつもりだったのですが、
鳴子を貸してもらって、振りを教えてもらうことに。

自分にできるのか心配であったものの、
その日のうちにメンバー登録しました。

高知よさこい祭りに向けて

その後の練習会はほぼ毎回参加して、
あと、イメージ・トレーニングをしたり。
メンバーになる前とは全然違う生活になりました。

練習の甲斐あって、高知のよさこい祭りにもなんとかいけました。

はりまや橋にて

広報の一員として

2年目からはぴとぅの公式サイトの管理にも関わります。
※当時は広報じゃなくてHP班という名称でした。

当時はほぼ何も知らない状態だったのでギャップを埋めるべく、入門書を数冊読み漁って、HTML, CSSを2ヶ月ほど、その後はPHPという言語を勉強。その後CMSというものを導入することになって、データベース(DB)の勉強。あとはGoogle Apps Scriptとか。その都度色々と吸収していきました。

最後に

これからもなんらかの形で関わっていくつもりです。

いつも誰かが繋いでくれた、よさこい

見出し画像

初めまして。りこです(*´꒳`*)
よさこい 歴16年目、ぴとぅ歴6年目、気づけば人生の半分以上よさこいをやってました。笑
よさこいとの出会い、ぴとぅとの出会いお話しできたらなと思います。
少しの間、お付き合い頂ければ幸いです。(*´-`)

今思えば、自分の人生、よさこい人生、ずっと誰かからの繋がりで、繋がってきた人生だと思います。

★小学校の先生が繋げてくれたよさこい

小学校5年生の時に引っ越してきた大阪の学校で、よさこいを知ることになりました。
私は、夏休みに関東から引っ越してきたのですが、秋にある運動会で踊るよさこいの練習中でした。
よさこいというものを初めて知った瞬間です。
運動会では、毎年10月に開催される「大阪メチャハピー祭」の総踊り曲を踊る予定でした。
当時の私は、総踊りの中で声を出す「儲かりまっか」や「ぼちぼちでんな」などに少し抵抗があって、よさこいをそんなに好きにはなりませんでした。(思春期ですかね?笑)
次の年、これまた運動会で、「南中ソーラン」を踊りました。
これが運命を変えたと思います。
前年の時とは違い、すっかり大阪の学校にも慣れ、最終学年ということもあり、ものすごく気合いを入れて踊りました。友達とたくさん練習したことも覚えています。
運動会も無事終わり、すっかり南中ソーランの虜になった私たちに先生は、

「みんなでよさこい祭りに出てみないか?」

と誘われたのです。
私たちには、「出たい!!!」しかありませんでした。
その年の10月、学年の有志で(学年のほとんどの子がいた)「大阪メチャハピー祭」に出場しました。
(今思えば、保護者への説明や引率など、先生の苦労は計り知れなかったと思います。)
そこで、よさこいというものを知りました。
笑顔で、活気があって、みんなキラキラしていました。
いろんな踊りがあって、みんな違って、みんないい!!
私たちもよさこいをしたい!!!いつの間にかそんな気持ちになっていました。

画像1

当時の写真見つかりました。ネット恐るべし。。

★親たちが繋げてくれたよさこい

出場した大阪メチャハピー祭りで見たあるチームの影響で、よさこいチームを立ち上げることになりました。
それは、「風神」です。
自分たちの演舞が終わってから、何チームか見て、このチームが目に留まりました。でも、遠方だったので、現実的にチームに入ることは難しかったのです。
そこで!なんとかよさこいを出来ないか?と立ち上がってくれたのが、私たちの親たちでした。

地元でチームを立ち上げよう!!

右も左もわからないまま、とにかくよさこいをしたい私たちを踊る場所を作ってくれた、親たちには感謝しかありません。
自分たちでチーム名を考えて、衣装や練習場所の確保、全て一からでした。
でも、全て親たちや先生たちの手助けがあって、なんとか立ち上げることが出来、そのチームは今でも存続しています。結成2年目の年の大阪メチャハピー祭りの大賞にあたる「メチャハピー賞」も受賞することが出来、一生忘れることのない思い出の一つです。

これが私とよさこいの出会いでした。

画像2

おそらく、結成後一番初めに出たお祭り。下が鉄板のように焼けていて、裸足だったので、めちゃくちゃ火傷した覚えしかない、、、。笑笑

★かなみさんが繋げてくれた夢源風人

時は流れて、私は、新社会人1年目になりました!(飛びすぎやろ!笑)
もちろん、ずっとよさこいは続けていました。全ていろんなご縁があって、何個かのチームにお世話になっていました。そんな時です。
私は、GWに開催されるお祭りに笑輝というチームで参加していました。
その時、たまたま一緒に参加していたかなみさんに出会い、お互いゲストで参加していて、いろんなお話の中に夢源風人の話がありました。

画像3

もうよさこい人生も長かったので、もちろんチームは知っていたし、一度見学に行ったこともありました。笑
当時は、あふさかんシンフォニーの年でした!動画を見て、まず踊りたい!と思いました!
その時にお話をし、見学に行くことになりました(^^)
見学後は、すぐチームに入る決断をし、秒で振りを覚え、すぐにデビュー!笑笑

画像4

デビューは、これの前。デビュー時の写真なかった。笑

そんなこんながあり、今があります。

★最後に。。。

私がよさこいを始めるきっかけになったことは、ものすごくレアケースだと思います。(聞いたことない。笑)
でも、よさこいの魅力に触れて、それが輝いて見えて、そこに飛び込みたい!と思った気持ちは、皆同じではないかと思います。
どんなきっかけでもいいです。
よさこいをしている友人がいたら、
見に行ってみて下さい。
よさこいをたまたま近くでイベントしていたら、
足を運んでみて下さい。
きっと、その魅力に引き込まれると思います。
引き込ませますっ!!

そして、よさこいをやってみたら、いろんな繋がりに出会えると思います。
よさこいをやっている人は、いろんな趣味や仕事、よさこい以外に何かしている人がものすごく多いと思います。

画像5

コスプレだって、しちゃいます!笑

私は、縁があって、夢源風人までたどり着くことが出来ました。
ブログ見てくれているあなたにも、たくさんの縁が届きますように。。。


読んでくれてありがとうございました!!!

画像6

踊ることは生きること

見出し画像

ベビーが生まれるのが先か、ブログ書き上げるのが先か—
と言われ、慌てて書き始めています。ぜろです。広報班として主にInstagramの更新をしています⭐︎

ブログの締め切りが予定日6日前。
ブログが公開されるころには、ベビーも公開されてるかもです。

4代目のわたし

よさこいと出会うまでが長かった、わたし。
ちゃんと鳴子を持って踊る「よさこい」を踊ったの、わりと最近です。

わたしと「踊り」との出会いは、幼少期。
物心ついた頃から「踊り」がすぐそばにある環境で育ちました。
日本舞踊や民謡が好きでお稽古に励み、踊ることが大好きな家族。
曾祖母、祖母、母と続き、4代目のわたし。
「足が痛いから、今日のお稽古は見に行くだけ」
と言って出掛けたのに、がっつり踊って帰ってくる祖母。わかる。
事あるごとに、「頭痛は踊ったら治る」という祖母。それも、わかる。
しっかり隔世遺伝してます。
ちなみに母は共感できないらしい。たぶん、それが普通。

画像1

ちょうど50歳離れてる、祖母とわたし。
祖母は今もバリバリ踊っています!

初舞台は3歳くらい。
やりたい放題だったみたいだけど、地元の民謡、宮津節を踊り(?)ました。
ーやりたい放題だったみたいだけど。
そこから日本舞踊と三味線をはじめ、気付けば高校を卒業するまでずっと続けるほどにのめり込む。
辞めるという選択肢はなくて、受験や足の手術をはさんだりしたけど、生活から切り離すことはありませんでした。

画像2

「汐汲」 高校2年生のとき

日本舞踊の次は、、、

大学は地元と離れてたところに進学したので、やむを得ず高校卒業とともに習い事はすべて卒業。
学生生活、何しよう—
大学でも踊ろう!絶対!どこで踊ろう?と「踊る場所」探し。
部活・サークル紹介を真剣に見て、心惹かれたのはチア!
(…日本舞踊どこいったん?)
仮入部期間はずっとチアでしたが、入部寸前で練習が週7であることを知り、断念。
週3って言ってた…のに…
勉強や実習との両立が不可能だと思ってチアを諦め、友達が行っていた「京炎 そでふれ! 京小町」に体験もせずに気づけば所属。

わたし、当時はすごく省エネで、勉強や実習に力を入れていたため、そこそこの参加率。
踊れたらそれでいい!というくらいの勢いで、しばらくは練習だけ参加していました。
エンジンがかかったのは、入部から5ヶ月後くらいの神戸よさこい参加後からだったような気がします。(どまつり、こいや祭りを華麗にスルー。)
それからは、お祭り楽しくて、実習中であろうが土日にお祭りがあれば出てました。

画像8

「ほな、おおきに!」ってしてました。

初めての高知

そして引退&卒業。
また「踊る場所」を失い、転職先を探すかのように次の「踊る場所」を探しました。
社会人1年目。新しいチームができると耳にして見学へ。
練習場所近い!という理由で「かんしゃら」に加入。
実はここで初めて鳴子に触る!高知でよさこい祭りがあることをちゃんと知ったのも、このとき。
他のよさこいチームのことも、全然知らなかった。
当時、ぴとぅのことは知っていたけど、「大阪城公園でのパレード練で正面から向かってくるチーム」、「たぶん大人数のチームであること」くらいしか知りませんでした。
「かんしゃら」では、インストも経験させてもらいながら、解散(後に復活)の2015年までお世話になりました。

画像4

初めての高知 2013
会場移動は電車と徒歩でした(!)

ぴとぅとの出会い

そして翌年は、「よさこいチームそら」で高知へ。
オフシーズンを迎える頃の四日市よさこい。
終わったらどうしよっか—

そう思いながら雨の中見た、自分たちのひとつ前のチームの演舞が忘れられませんでした。

『夢源風人 2016 あふさかんシンフォニー』

なにこれめっちゃ楽しそう!こいやでも見たけど、やっぱり楽しそう!
ここのチームで踊ってる全員が肯定され、認められて、楽しそうなのが伝わってくるのは何??
すごいことじゃない?
と、びっしょびしょになりながら見ていました。


そして次の「踊る場所」を求めて。
人見知りなわたしは、大人数のチームの体験会に行くのは相当なハードル。しかも1人で。
でも踊りたいから、と、腹をくくって心機一転、新たな気持ちで送った体験会行きたいですメール。
あだ名も記載しなくていいや、新たな気持ち、大事。と思って本名で送信。


しかし、返ってきた返事を見て驚愕。

「ぜろやんね?」

え、なんでバレてんの?
本名だけでなぜかあっさりと身バレする。
当時副代表のあきべーさんに、スマホ越しにちょっとキレました。

体験会は本当に楽しくて。
新しい世界でした。本当に。
かなりの人見知りなので、体験会に行くのは相当不安だったけど、
当時の代表、副代表さんに気にかけてもらい、安心して参加できました。
当時の会計のおじさんはちょっと怖かったけど、今はもう話せるよ。

画像6

「ハレ、晴れ」で、ぴとぅデビュー!


そこから足の故障もあり、ぴとぅで高知に参加したのは翌年の2018年でしたが、
高知でのぴとぅの過保護っぷりに度肝を抜かれながら、1年越しの高知を満喫。
また来年、またまた来年。と気がつけばぴとぅも4年目に。
わたし、同じチームで4作目を踊るのは初めてです。

画像7

ぴとぅでの初高知!

わたしが夢源風人に入ったのは、いくら思い返しても偶然の重なり…なような気がします。
偶然の重なりだけど、いつかどこかのタイミングで出会うべきチームだったんだろうな、とも思います。
「踊る場所」を求め続けて辿り着いた場所なのかもしれないけど、それは居心地がよくて、温かい場所。
踊りにまじめに向き合うだけ、でなく、それぞれがいろんな感情を抱いて、思いを感じて、繋がれる場所であることを年々感じています。
25年以上、いろんな踊りに触れてきたけど、踊りとともに感情が色付いていく感覚を味わったのはぴとぅに出会ってから。

画像8


「踊ることは生きること」
と、スヌーピーが言ってましたが、これから踊っていく上でも、生きていく上でも大切な何かに出会えた気がする。
感情を出すのは苦手だけど、楽しんでます!好きです!
まだまだいろんな出会いを、楽しみにしています♡


5代目、踊るかな?

画像5

僕とよさこいと高知

見出し画像

はじめまして、こんにちは、お久しぶりです。
秦演舞場のある東秦泉寺生まれ(育ちは県外です)のぞえでございます。
今回人生で初めてブログを書きました。長くなるかもしれませんが最後まで読んでいただければ幸いです。

≪よさこいとの出会い≫

このブログを書くにあたって改めて母親に僕とよさこいの出会いを聞いてみました。すると冗談半分に「産まれる前からやないが(笑)」と返ってきました。嘘だろって思いました。詳しく聞いてみると僕の生まれる3ヶ月前の第46回よさこい祭りの本祭を母親が実家のテレビで観ていたそうです。その時にお腹の中で僕が動いたように感じたということでした。自分のことながら本当かよと思いました。追加で現実的な出会いを聞くと翌年の第47回よさこい祭り本祭を見に行ったことらしいです。地方車からの音にあまりびっくりしなかったことが印象に残っているそうです。
僕の記憶では5歳の頃にバスに乗って夜の愛宕競演場を観に行ったのが最も古い記憶です。バスから観た地方車のライトがとてもかっこよかったのがとても印象的でした。

ぞえ2

2020年8月11日の愛宕商店街

≪よさこいにハマったきっかけ≫

幼少期からよさこいと出会っている僕がよさこいにハマった理由をあえて家族に聞きました。すると「地方車」という答えがほぼ全員から帰って来ました。母親からは初めて追手筋本部競演場に観に行った時に会場より地方車の待機場所の方が目を輝かせていたのがとても印象に残ったそうです。
僕も自分の中で改めてハマったきっかけを考えてみました。男性の方は共感される方が多いと思うのですが小さい頃電車や車など乗り物に興味深々だったことはないでしょうか。僕もその一人でした。ただその興味の先が「地方車」でした。一年で二日間(本祭)だけで見える貴重な乗り物という認識でした。また昔は今以上に地方車がトラックでは無い感が強かったので少年心をしっかり掴まれました。それから今に至るまでよさこいの一番好きな要素になっています。

ぞえ3

2017年 夢源風人 地方車

≪観客から踊り子へ≫

僕は毎年よさこい祭りを見に行っていたのですが踊り子として参加したのは高校一年生の時でした。生まれは高知県でしたがその後はずっと県外に住んでいました。なので踊り子になるという選択肢は頭にありませんでした。そんな中で高校生の時に友達から地元のよさこい連に誘われました。その地元チームは高知にもちゃんと参加していたのでその誘いに乗りました。そしてその夏高知デビューをしました。その年は楽しかった記憶より暑かった記憶が強いです。その翌年二度目の夏で夜の追手筋本部競演場を踊ることが出来ました。その時はきれいな景色に涙が出ました。そして花メダルをもらうことが出来ました。その翌年には自分から申し込んで他チームさんで踊らさして頂きました。

ぞえ4

2016年の貰った花メダル

≪夢源風人に加入≫

大学入学のタイミングで関西に来ました。その際に高知で踊れるちゃんとしたチーム探しをしました。その中で『夢源風人』に出会いました。失礼ながらこの時まで全く知らないチームでした。ただ調べていく中でとても面白いチームに感じました。またちゃんと高知のことを大切に考えているチームでした。そして見学会に行ってみると楽しそうに踊る踊り子さんを目の前で見ることができました。その場で加入を決めました。

≪地方車の上へ≫

ぴとぅは班制度をしています。僕が所属しているMC班もその一つです。地方車大好きな僕にとって煽り・MCというポジションは長年の憧れの場所でした。そこに挑戦ができるチャンスがあるということでぴとぅに入って一年も経たないタイミングでMC班に入りました。
そして2019年第66回よさこい祭りで地方車に乗るという長年の夢を叶えることが出来ました。あの場所から見た景色は忘れがたいものがありました。

ぞえ5

2019年上町競演場で地方車に乗った時の写真

≪僕とよさこい≫

2020年はよさこい祭りは史上初めて中止となりました。ただ夏に高知に行かないには逆に気持ち悪かったので万全に対策をして静かな各会場巡りをしました。高知の町中を歩いて一切地方車に会えなかったのは分かってはいましたがとても寂しかったです。僕の人生においてとても重要で大きなピースになっている『よさこい』はこれから先もそして来世でも大切にしたいなと思います。

ぞえ6

2020年8月11日の菜園場商店街

最後にここまで読んでくださりありがとうございます。
もし次回があるなら今度は地方車だけにスポットをあてて書きたいなと感じました。今年は夏に高知で地方車に出会えることを願って終わりたいと思います。
ありがとうございました。

                            MC班 ぞえ

ぴとぅ史上最高のYESマン

こんにちは、タクトです。

気が付けば2015年からぴとぅでMCやってます。
なにやらブログを書くことになったのでなぜMCになったか書きます。

見出し画像

1st YES(pact)

遡ること2014年。
当時ぴとぅでよさこいをやってた友達から「高知のスタッフしてみない?」とお誘いを頂き吹田祭りにぴとぅのスタッフで行ったのが全ての始まり。

当時は暇してました。
そんでよさこいってほぼ知らなかった。

なんかやることも無いし、とにかく誘われたら「YES」って言うようにしてました。どんな事するかなんで全くわからないまま受けました。

んで吹田祭り、人見知りおじさんなので緊張しました。
(当時、人との交流など主に会社くらいだったので、今となってはよく行ったなって思います。)
なんとか吹田祭りのスタッフ(ほぼ何もしてない)をやりました。

次はもう高知でした。

そんなにぴとぅの人達とも交流ができてないままに、
スタッフとしての手続きをし、知らない人がいっぱいのバスに乗り高知へ向かいました。
行きのバスは周りの人殆ど知らないので終始無言だったような。。。少し喋ったような。。。
隣の子金髪で怖くて話とか出来なかったおもひで。

暑いし、知らない人一杯だし、よさこいとかほぼ知らないし、肝心の友達も事務局等で忙しくてなかなか会えなかったり。
撮影とかした事のないけどビデオカメラ持って走って追手筋の撮影したり、
地方車に千賀先生(当時は誰か全く知らなかった)が乗ってくるタイミングで何故か同乗してビデオ撮影したり、
全国大会のひろめ打ち上げで泥酔したあきべ○さんを救助したり、
色々ありました。
人見知りには色々刺激的な高知よさこいでした。

うん、結果楽しかった。

画像1

スタッフ中の写真、何このポーズ

2nd YES(pact)

そして高知の後もスタッフでこいやは行った、ほぼ行っただけに近い状況でした。

それから少し時は流れ11月頃だったかな?
再び友達からお誘いが来ました。
「バサカニで歌ってみない?」
確かそんな感じ。

答えは「YES」

なんでも「YES」期間だったので割と即答だったような。
演目は「アナ雪」
それから1週間に4、5日連続でカラオケに行って同じ曲だけを歌い続ける。デュエットって難しいよね。
やる事なかったのでずっと会社の行き帰りとかその曲聴いて勉強、、、
時間があるって素晴らしいことです。

そして本番当日、岐阜の瑞浪は3℃でした。
知らない土地で、知らない人たちの前で歌う。
割とグズグズだった。
緊張と寒さで少し失敗したりとか色々悲しい感じだった。
未熟だった、というか圧倒的に力不足、、
リベンジを誓いましたが、それからそういう機会もなかったな。
バサカニ寒かった、けど楽しかった。

画像2

3rd YES(pact)

そのバサカニの帰りに、ぴとぅのMC班の人からMCやってみない?って言われた。
その時は有耶無耶になって答えてなかったけど、
今考えればそこがスタート地点。

それから年が明けて2015年1月
MC班の方から突然「MC本当にやってみない?」というLINEが来ました。

そこでも答えは「YES」

そしてぴとぅでのMCとしての活動がスタートしました。

2ヶ月後位にはデビューしてました。

今考えると恐ろしい話ですが、よさこい未経験者が2ヶ月くらいでMCデビューしてました。
今はチームの人数が多くなったので考えられない事です。

画像3

さくよさの時の写真、始めたばかりにしてはそれっぽい!


万華鏡から始まり、「あふさかんシンフォニー」「ハレ、晴れ」「ココロ咲く夏」「郷-Sato-」(実は「夏色に心踊りて夢ひらく」も一回だけやりました。)
たまに気まぐれで踊ったり、踊らされたり、ラジバンダリ。

画像4

初年度は何度かフリー素材とし告知画像にもなりました。
これ以外にも何度かあったような

画像5

YESは自分を幸せにする

パイナップルの告知もしました。
この時演舞中にパイナップル食ったね。
こいやのやぐら会場の事は毎年1月から考えてます。
毎年あれが本祭なんじゃないかってくらいに。

色々ありましたが、とりあえずの「YES」から始まったよさこい人生。
他のみんなみたいに凄いよさこい熱がある訳でもなく、ただ自分が思うようにやってきたよさこいです。
まだまだ未熟者です。
ですが「何か楽しい」
そんな魅力のあるよさこい。

みんなも誘われたらとりあえず「YES」って言ってみるといい。

案外幸せだから

こいや祭りと出会って…

お久しぶりです!はじめまして!
MC班のポッターです。
いつも楽しみに見ていたブログリレーがついにMC班に回ってきたということで今回書かせていただきます。
喋る方は得意ですが、文章を考えるのが苦手でかなりな長文になってしまいました…
お時間ある時に良かったら読んでみて下さい。

見出し画像


小さい頃からとにかく喋ることが大好きで、小中学生の頃は学級代表や生徒会役員になり学年行事や式典などで人前で喋ることも多く、将来はアナウンサーや高校受験の時に勉強のお供として良く聞いていたFMラジオのパーソナリティになりたいと思うようになりました。

そして高校卒業後の2003年春、夢を叶える為、大阪市内にある専門学校に進学し喋りの勉強をすることになりました。
ちなみに「ポッター」というあだ名は専門学校時代のクラスの女子達から「京野君ってハリーポッターに似てない?じゃあ、あだ名ポッターでよくない?」ということから呼ばれるようになりました。
まさかそれから現在(36歳)まで人生の半分をこのあだ名で呼ばれ続けることになるとは…
あだ名決めは大事ですよ笑

さて、あだ名と同じく自分の人生を大きく左右する出来事がありました。

こいや祭りとの出会い

「第4回こいや祭りでのボランティアMC募集」

先輩から勉強になるから一緒にやらないかと声を掛けてもらい、1日だけMCをやることになりました。
人生初めてのMCはタイムテーブルの時間通りに全然進行出来なくて会場担当の方に予定にない総踊り時間を何度も入れてもらうなど散々な結果となりました。
とにかく悔しくてこの時すでに来年もMCやってリベンジすると心に誓いました(実はかなりの負けず嫌いです…)

翌年5月、どういう経緯でやることになったかは忘れてしまいましたが毎年5/3〜5/5まで開催される中之島まつりでもボラスタMCをすることになり、この時に現在の事務局のつもりさんやインストのみっつんと出会いました。

そして第5回こいや祭りではメイン会場でMCをさせてもらいなんとかリベンジ成功!さらに翌年の第6回こいや祭りではMC部門長として実行委員に加わり、こいや祭りが切っても切り離せない生活の一部になっていました。

写真②(第5回こいや祭り)
写真③(第6回こいや祭り)

初めての高知、踊り子デビュー

実行委員になってからはこいや祭り主催の練習会(こいや練)に毎週参加し、たくさんの踊り子さん達と仲良くなり、そんなある日のこと、高知のよさこい祭りの存在を知る出来事がありました。

当時のこいや祭りは8月下旬の開催で開催直前の会議後、夜遅くになり帰ろうとした時に「ポッター、今から高知のよさこい祭り見に行かん?」と声を掛けられ、たまたま次の日予定がなかったので、人生初の高知へ!

翌朝、まだ人も少なくお店もほとんど空いてないひろめ市場で朝食を取り、その後升形競演場に移動し、スタート付近に座り踊りを観ることになりました。

固定したタイムテーブルがない中で祭りが行われていることに祭り側の人間として一番驚かされ、更に演舞前にチームのスタッフさんからいろいろ物を貰えたことに「お客さんとしてもこんなにも楽しめる祭りがあるんだ!」と、本場のよさこい祭りの凄さを感じました。

第6回こいや祭りが終わった後もこいや練やバサカニ、WTCで行われた年越しよさこいイベントに参加して、その頃からぴとぅの人達とも仲良くなり、そして2006年のWorldあぽろんに遊びに行った時に当時の代表に「チームスタッフとして一緒に高知に行きたい」と伝えました。
すると返ってきた言葉が…

「踊り子で参加すればいいじゃん」

予想していなかったこの一言により、まさかの踊り子として参加決定!
これまでは総踊りくらいしか踊ったことがなかったので正直踊れるか心配でしたがみんな優しく教えてくれたのでなんとか覚えることが出来ました。

初めて踊り子として参加した高知での1番の思い出は「夜の追手筋」
当時のぴとぅは代表がMCを担当していましたが、盛り上がり最高潮のこの場所でMCをさせてもらえることに!
地方車の上でではなく、実際には前口上だけ言って、演舞中は隊列に入って踊ってというやり方やったけどまさかの花メダルまでゲット!

MCをさせてもらえただけで嬉しかったのに花メダルまで貰えるなんて思ってもいなかった為、踊り終わってからみんなの前で大泣き…笑
今となっては一生忘れることの出来ない思い出です!

写真④(花メダル組集合写真)

高知後もちょこちょことイベントや祭りに参加させてもらい、翌年3月に参加した浜松よさこいにて正式にぴとぅに入り(遅っ!)、現在に至ります。

10周年の演舞曲「夢のみなもと」から演舞中の煽りをメインで考えさせてもらうようになり、5年前の演舞曲「万華鏡」からは祭り中全く踊らない「専属MC」というポジションを作り、最近はMCメンバーも増えてきたので祭りや練習会への参加率は年々低くなっていますが、これからもぴとぅ人としてよさこいを続けていけたらなと考えています。

写真⑤(四天王寺ワッソ)
写真⑥(バサカニ写真)
写真⑦(ちゃんと踊ってた時代)

ターニングポイント

今回のような機会はあまりないので、改めて自分のよさこい人生を振り返ってみましたが、「こいや祭り」との出会いがなければ自分の人生180度変わっていたと断言できるぐらい大きなターニングポイントでした。

そして、そこからよさこいを知り、ぴとぅに入ったことでこの歳になっても楽しめるものがあり、全国に友達も出来て、いろんな世代の人達と出会うことも出来て、本当にぴとぅに入って良かったなと思っています。

コロナの影響で色々と我慢の時期ですが、また気軽に練習会や祭りで会える日が来るのを今を楽しみながら乗り越えていきましょう!

写真⑧(MC集合写真①)
写真⑨(MC集合写真②)
写真⑩(MC集合写真③)

最後に

専門学校卒業後は大きな放送局ではありませんでしたが自分の夢であったFMラジオのパーソナリティとして喋りの仕事を数年間していました!
京阪沿線の某駅の改札前にあるサテライトスタジオで喋っていた時に凄く視線を感じることがあり、スタジオの前を観ると現代表のかなーみさんがこちらを観ていて、とても驚いたことを今でもはっきりと覚えています(笑)

ここまで読んで下さった皆さん、ありがとうございました!

ティリッティー!!

ぶんたです。
ブログというものは初めてで、ティリーになりそうですが、お付き合いいただければと思います。
できるだけ、端的に綴ります。詳細は、、飲み会などで聞いてもらえれば、と思います。
話が古く、写真がない項目が多数ありますがご容赦ください。むしろ持っておられたらいただけると有り難いです!

見出し画像

大きく分けて3つ、綴ります。
①よさこいとの出会い
②ぴとぅとの出会い
③ MCのはなし
では早速、、、

①よさこいとの出会い

よさこいとの出会いは1998年
それは名古屋の大学1年生の5月頃でした。
「祭りで踊る団体」というサークル勧誘ビラを見て、昔から盆踊りを踊るのが好きだった私は興味を持ち、練習を見学に行きました。
そこで見たものは、今まで見たことのないモノをカチャカチャ鳴らしながら楽しく踊る学生の姿でした。
そこで鳴子をいただき、「これが鳴子、これを持って踊るのがよさこいだよ」と。
全く新しいジャンルとの出会いでした。
ただ、私は部活でラグビーを始めたこともあり、この学生チームには大学2年〜3年(1998〜2000年あたり)の部活が夏のオフになる期間を中心にソーラン、瑞浪、ど祭り、高知全国大会をはじめ、東海地域のお祭り等に参加し、大変お世話になりました。
また、にっぽんど真ん中まつりが立ち上がった時期でもあり、今思えばよさこいが全国に広がり始めた時期に私も関わり始めた、と感じています。

②ぴとぅとの出会い

ぴとぅとの出会いは2005年
2002年に就職し、初任地の岡山で偶然が重なり、うらじゃを始めていた私は2005年7月に大阪に転勤になる際、よさこいを続けようと、当時のうらじゃメンバーであり、よさこいにも詳しかった方に、
「高知本祭に出場している大阪のよさこいチーム」を紹介してもらうことにしました。
彼は3つチームを挙げた上で、「お前ならぴとぅだな笑」と、当時の代表に連絡を取ってくれました。
その後、転勤して1ヶ月くらい経った8月頃に‟VHSの振りビデオ”が
「こいやで踊るから覚えて来てね!」
の手紙と共に送られてきました、、、

画像8

(VHS知らないとか言わないで…)


多分こいやは参加したはずですが、不慣れな土地で人も踊りもわからず必死で、詳しい記憶はありません!
このあと、仕事がバタバタし、半年程はチームに顔を出せずにいました。
その後、2006年のWTCに久々に参加しましたが、誰がいるかもよく分からずさまよっていたところ、2000年くらいに京都のよさこいチームで踊っていたぴとぅメンバーが声をかけてくれました。
彼は私と世代が近く、学生チーム同士だったこともあり、昔話など、盛り上がりました。
そしてこの時、
「学生チームでよさこいやっててよかった」と思うと共に、
「あ、ぴとぅでなんとかやっていけそうだ」と感じました。
この時の出会いがなければ、現在私はよさこいをしてなかったかもしれません。
入って日が浅い私に声をかけてくれたこと、感謝しかないです!
私は全国を対象にした転勤の可能性があるのですが、偶然大きな転勤がなかったこともあり、今まで長らくぴとぅにお世話になっています。

画像1

③MCのはなし

私がMC業を知るきっかけは、岡山でした。
当時岡山では、岡山の文化であるうらじゃ踊りや、新しい総踊りであるうらじゃ音頭を広めようというPR隊なるものがあり、私はそこに所属し、中四国のお祭りに参加していました。
チームにはMCをする方が複数名いらっしゃいましたが、たまたま、とある四国のお祭りでどなたもいらっしゃらず、
「誰かやりますか?」
となり、こんな機会もそうないし!と、ノリと勢いでステージでうらじゃ音頭を煽りました。
また、ミニ地方車付きパレード会場もあり、地方に載せていただき、MCの先輩にご指導いただきながら煽りました。
「MCって、面白い!!」
踊り子で煽られたことはあっても、煽る側は初めての経験。全てがめちゃめちゃ新鮮でした。
その後、踊り子が中心でしたが、たまにMCの機会をいただき、高知全国大会でも緊張しましたが、煽る機会をいただいたりもしました。

そしてぴとぅに来て、、
1年目、2006を踊ったとき、ぴとぅのMCは代表がやっていることを知りました。
代表はいろいろ忙しく、それなら代表ではない、MCというポジションが必要なのでは。そんな気持ちと同時に、自分が煽ってみたい気持ちがあったように思います。
そんな6期(2007年)の始まりで、今期やりたいことをメンバーにアンケートが来たとき、MCの話をしていたところ、当時の代表(現代表ですね!)に
「じゃあ、MCやって!」と煽られました。
そう言われると思っていなかったので、びっくりしましたが、新しいモノを作ることにワクワクし、2つ返事でOKし、MC班ができた次第です。

画像2

始まった当時は1人でグイグイ煽ってましたが、私は転勤などがあり、ずっとMC班を仕切っていける保証がありませんでした。
そこで、2年目からはMCの楽しさ、素晴らしさを多くの踊り子に知ってもらい、実際に経験して欲しいと考え、高知スポットを含めて今後のMC班を引っ張っていくメンバーの募集、スカウトを続けてきました。
年々、徐々に高知スポットを含むMCメンバーが増えていきました。
そして今は有り難いことに、専属部隊も出来、私はメインメンバーをサポート、応援しながら、たまに楽しく煽らせていただいてます。
みなさんも、是非一度はMCしてみてください!

画像3
画像4

さいごに。

結局、長くなってしまいました。
さいごに。
「目には見えない想いのつながり」をベースに、ぴとぅが持続可能なチームであり続けられるよう、踊りだけでなく、飲みや遊び等、私のできることで引き続き盛り上げていけたらなと思います!

画像5
画像6
画像7

乱筆失礼しました。ティリッティー!!

画像9

もう一つの表紙画像候補

こんにちは!にゃーこです☆

こんにちはMCのにゃーこです。

見出し画像


よさこい歴何年目になるのかな?3年目?4年目?
5年目ですね。
好きなものは猫とイラスト書くことと寝ることです。

画像2

よさこいとの出会い

よさこいと初めて出会ったのは、、、、
いつだっけ?
まったく覚えてません。
お母さんが言うには、1歳くらいに、高知の追手筋の北側だそうです。
12年前、2008年の頃、よく覚えてますね。
写真はありませんが、そういうことでーす。
ってどういうことですかー!
2010年は高知へばんぶを見に行ったっぽい。
2011年も高知へばんぶを見に行ったっぽい。。
2012年は高知へ行ってるけど、よさこいは 見に行ってないらしい。。
2013年は高知へ行ってるけど、よさこいは 見に行ってないらしい。。
どれも一つも覚えていないです。

画像3

写真は2011年の高知

ぴとぅとの出会い

ぴとぅとの出会いは、お父さんがぴとぅのBBQに連れて行ってくれたとき、
よさこい体験会があって、体験したあとに、よさこいやる?って聞かれて、やる!って言ったのがぴとぅに入ったきっかけです。
万華鏡作ったことは覚えてるけど、よさこい体験会は覚えてなかった。
MCをやっている理由としては、身体が弱かったからです。
振りはちゃんと覚えましたよ。

画像4

ぴとぅでやってみたこと

むげんさんちのかじぴとぅくん(冊子)2018年
みゆかと一緒に制作して大感謝祭で披露

画像5
画像6
画像7

芋けんぴ作ったよ。(PITWU STUDIO)2018年

ぴとぅのオリキャラ作りました。2019年

画像8

ぴとぅのオリキャラ描いてました。2020年
https://twitter.com/mugenkajipitwu/status/1245330916735471616

まるまんてんを描きました。2020年
イラスト35枚、非公開です。

ぴとぅは、学校とは違う別の友達(年齢幅広い)に出会えるところだと思っています。
たくさん友達増えた!学校だと同じメンバー。ぴとぅは増えていくから。

頭の中でよさこい=楽しい=新しい(毎年振りが変わるから)ってなってる。
デバ祭の金賞は嬉しかった!
高知の地方車乗るの楽しい!
地方車の上からテンション上がってるみんなを見るのも楽しい!
語彙力なくてすみません。

画像9
このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
ぴとぅカメラスタッフです
見出し画像

blogを見てくれている皆様、こんにちは。
本日は、ぴとぅで数年写真を撮っている、ちはるが書かせてもらいます。

よさこいとの出会い`

2002年(だったはず?)の8月。
愛知県名古屋市で開催されている「にっぽんど真ん中祭り」に知り合いが出場するということで、友達と見に行ったことが
よさこい人生の始まりとなります。

よさこい撮影のきっかけ

あまり知られていないかもしれませんが
三重県津市で開催されている安濃津よさこいの学生実行委員として
大学時代に3年ほど活動していました。
当時は大阪、愛知、三重、静岡、北海道etcと各所の祭りのスタッフをして
色々なチームの人たちと交流の輪を広げていました。
そのときに現代表かなーみとも繋がりができました。

しばらく学生実行委員を続け、いざやめるとなったときに
今までよさこいを通じて出会った人たちとの記録が何もない!
と思うようになり、思い出のために写真を撮ろうとしたのがきっかけとなります。

画像1

2006年こいやまつり。スタッフをやりながら最後の最後に撮影した一枚。

画像2

2006年学生実行委員活動最後の安濃津よさこいのステージ。

ぴとぅの記録

ぴとぅカメラスタッフのblogなので
ここからは写真で時を進めてみましょう。

まずは写真を撮り始めた2006年!
四日市よさこい

画像3

こいやプレイベント

画像4

2008年
浜松がんこ祭

画像6

こいや祭り

画像7

2009年
浜松がんこ祭 

画像8

まだぴとぅスタッフでもないのに集合写真を撮っていた(笑)

2011年
安濃津よさこい

画像9

ぴとぅのカメラスタッフとしてチームに入った2013年。
京都さくらよさこい

画像10
画像11
画像12
画像13

かえるまつり

画像14
画像15

四日市よさこい

画像16

2014年
京都さくらよさこい

画像17
画像18

Worldあぽろん

画像19

よさこい祭り(高知)

画像20
画像21

2015年
安濃津よさこい

画像22
画像23

2016年
よさこい祭り(高知)

画像24
画像25

2017年
よさこい祭り(高知)

画像28


原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

画像26
画像27

2018年
京都さくらよさこい

画像29

能登よさこい

画像30
画像31

原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

画像32
画像34

ゑぇじゃないか祭り

画像34

2019年
大東ふれあいフェスタ

画像35

京都さくらよさこい

画像36

原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい

画像37
画像38

お写真紹介しましたが、
他の祭りはもちろん通常の練習の写真も沢山撮っています。
コロナの影響でしばらくの間、撮影の機会がないですが
今後も「夢源風人」の成長、踊り子の笑顔を撮り続けていきます!!