第56回 高知よさこい祭り ~本祭2日目、総括~ 2009/08/11

大阪出発の出だしは、雨。。。 それでも、全国各地から集まってくる踊り子達。 そして、ぴとぅメンバー。 そう、この日のためにやってきたのだから、大雨ごときにやられてたまるか。 高知到着後の練習会や、地方車からの音だしテストも大雨のため全て予定変更。 本祭1日目の朝、晴天になっている事を祈って、床へ着きました。 早朝に起床、窓を開けると雨脚も弱める事なく雨。。。 血の気がひく朝を迎える事となりました。 振興会からも予定通り開催の連絡がきました。 不安要素満載。。。踊り子の待機場所、足元の悪い中での演舞、携帯やトランシーバー機械系統の心配。 しかし、一発目のはりまや橋! そんな心配は吹っ飛ぶかのように雨はやみ、祭りが始まりました。 そう、今年のテーマは「空かける雲路」。雨なんか似合わねぇ!! そんなもの吹き飛ばせ!!! そこからは、勢いにのった雲路。笑顔溢れる演舞を高知で繰り広げる事ができました。 最後の最後に、ながーい帯屋商店街を演舞し、無事1日目を終了する事ができました。 そして、夜は高知市内へご飯を食べに行くメンバー。 明日の本祭2日目に備え、打ち合わせをするスタッフ。 みなが、それぞれの夜を楽しみました。 そして、迎えた本祭2日目の朝・・・晴天!!! さぁ、あとはおもいっきり演舞するだけ。 やはり、今年のテーマには、晴天が似合う♪ 青空の中の演舞、最高に楽しめました。 皆が一つになれた気がした。。。 そこに、何があるのかわからない。 でも、今を精一杯踊りきる。 そんなメンバーの思い。 感じる事ができた。。。 最後の梅ノ辻を踊りきった時には、今まで1年間やってきた事が走馬灯のように蘇った。 今までに感じた事のない感情が自分の中に入り乱れ、泣いてるのか笑っているのかよくわからない。 でも、そこには100人の笑顔、涙入り混じって、歓喜溢れる最高の夏の夜があった。 本当の本当に、みんなありがと。 夜には、高知よさこい打ち上げがあり、本当に楽しい時間を過ごしました。 次の日には、バスで大阪へ帰るメンバー、高知観光を楽しんでいくメンバー、そのまま田舎へ帰っていくメンバー。 みなが、それぞれの道を思い思いに進んでいきました。 夢源風人に関わってくれた、全ての方々へ 全てを伝える事はできませんが、本当にありがとうございました。 第8期(2009年) 代表 横田純弥(よこじゅん)

コメントする

17 − eleven =

このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。