踊りと踊り子

あきべーです。
すっかり新緑の季節も本番になってきました。HPに事務局日記なる物を用意してもらっているのに、何も発信できていないのはもったいないなー!と思い日記を書き始めました。どうぞ、皆様お付き合い下さい。

今日(2011/05/09)って自分にとってどんな日かなと思い過去を振り返ってみました。
 
まず、今年の演舞曲「夢のみなもと」を練習し始めて2ヶ月立ちました。その間に様々な場所でお披露目させてもらっています。いろんなみなさんに目にふれ、少しずつ今年の夢源風人はこういう曲で、衣装で、踊りをするんだなー!って見てもらえていると思います。感想は皆さんで感じてください。

そして、「もう、もう、二ヶ月も経つんだ!!」って気持ちでいっぱいです。なんか本当にあっという間なんです。最初の(?)気持ちでは、早く準備した分、コレくらいの季節になったらゆったり動けるよねーって思っていました。しかし、これが全然そうでもなかったですね。

試したい事がいっぱいあり、メンバーにもあれこれ協力してもらいながらドタバタしている感じ。正直負担をかけていることを数えたらきりがないです。本当に、本当にありがとうございます。毎日ゴールに向かいながら、間違っていないかなーとビビリながらよちよち歩いています。

夢源風人の今年のスローガンは「一生もんの夏にする」

メンバー、関わってくれているみんな、お祭りで見かけるお客さん、いろんな人との出会いを大切にして、ぴとぅのメンバーでよかった!!!ぴとぅに出会えてよかった!と本当に心から思える季節を作りたい。

昨年10月に立ち上げたこのスローガンをもう一度、事務局も踊り子も振り返ろう。そのための活動、準備が出来ているかな?大事な事は常に振り返ろう。
今日ということで、最近のトピックをもう一つ。「夢のみなもと」の振りを見なおしています。

多少余談やけど、僕は振りを作ることが好きで、大なり小なりのチャンスを見つけては振り制作に混ぜてもらってり日頃しています。そういう背景もあり今回「夢のみなもと」を作るにあたり、かなりがっつり振り作りに参加しています。

で、いつも悩むこと「どの動きが動きやすく、どれくらいの難易度がチームとして綺麗に魅せれるか?!」

これがすごく難しい!!!本当に、ほんっとうに!シンプルに作れば単調なような気がしてきて、凝れば凝るほど結局うごき切れなくなって無理な動きをさせてしまう(もうそうなったら振りではなくただの無茶な要求です)

自分たちが作った振り。「なぜこの振りはこうなのか?」「どういう意図を込めたのか?」「ここはこの形が現状のベストなのか?」

気になります。すごく気になります。という事で、今振りを再度見なおしています。

そうしたら!!!出るわ出るわ。踊れている気になって踊れていない箇所@自分笑教える側の人が自分の言っていることを再現出来ていなくて、踊り子が良い踊りができるわけがないッ

揃えること、お手本になること、気持ちと振りのアドバイスがブレないこと、やればやるほど奥が深いです。ここでもチームメンバーにかなり負担を掛けてしまいました。申し訳ない。

で、結論!負担をかけた分、良い踊りを踊れるようにしよう!!という事で、ぴとぅは「一生もんの夏」を手に入れるため、試行錯誤しながら進化していきます。みなさん、成長を見守ってください。

 
written by あきべー

コメントする

four × 2 =

このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。