関西大学 学会レクリエーション~東西いのち文化フォーラム2002~ 2002年11月23日(日) (2002-11-23)

関西大学と人体科学学会、大阪府レクリエーション協会が共催して開かれたイベント。

社会と大学、学会の連体を強め、授かった「命」をより豊かに養うことができるよう、レクリエーション、健康法、踊りを体験してもらうことが目的です。

難しそうな事が苦手な私も踊りの一貫だと言い聞かせ、祭りではない、新しいプロジェクトに参加したわけですが、実際それほど難しくもなく安堵のため息。

主旨であるレクリエーションの場では他チームのコンセプトや特徴、一人一人のパーソナル・アトラクティブネスが知れた良い機会だったと思います。(人見知りな私がさすがに全ての人とコミュニケーションをはかる事は不可能だったのですが…)

しかしチームとしては参加したことで、より一層他チームとの信憑性が高まったものだったと思います。

私の言う「信憑性」といっても堅苦しいものではなくて、コミュニケーションや踊りを通して自己表現の共有ができ、他チーム同士はパートナーなんだという意識を深めたというものでした。

個人的にも、一チームとしても意味のある場だったと思います。

今後も成長していく様々なチームに感心をよせ、相乗効果なる期待を抱く、そんな風人。

改めてチームについて考えさせられたプロジェクトでした。

(みかちん)

2002-11-23_event_0

コメントする

nineteen − 8 =

このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。