2.5kgの金属鳴子を持ってくよ!会いにきて!今週は京都さくらよさこい🌸

 

夢源風人(ぴとぅ)ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

広報・ブログ担当のむっちゃんです。

昨日までバカみたいに寒かった平成最後の春ですが、皆さん元気に過ごしていますか? 風邪ひいてない? 上着薄くない? 生姜湯のむ?

 

バカといえば。

 

時を遡ること3ヶ月前、1月5日に集結した広報チーム6人。

今後の広報戦略について、いたって真剣に話し合うミーティングの場にて。

 

いくつかの議題を話し終え、残るトピックはあと1つ。

 

真剣な面持ちのぴとぅ代表が、真剣なまなざしで広報チーム全員の顏を見渡し、静かにこう問いました。

 

 

  

「今年のエイプリルフール、何をしますか?」

  

 

  

 

「今期演舞『郷-Sato-』が生まれた背景には、こんな想いがある。

 

”『郷-Sato-』は、今までよりさらに鳴子にこだわりたい”

 

だから、エイプリルフールも鳴子にこだわりたい。今年から両面の朱鳴子に変えたけど「本当にそれだけいいのか」ともう一度問い直したい。もっといい素材で、もっと丈夫で、もっといい音で。僕たちにとってベストな鳴子がなんなのか徹底的に向き合いたい。

  

だから、僕は金属の鳴子をつくりたい—— 」

  

 

  

「何言ってんだろうなこの人」と思いながら聞いていたのですが、彼の熱量は本物でした。

 

 

 

嘘の祭典エイプリルフールにガチで生まれた、2.5kgの金属鳴子。

 

製作所さん協力でプロの力を借り、「郷-Sato-で初めて両面鳴子を使うのだから、金属鳴子も絶対両面にしよう」「アルミだと音が軽いから3倍重いステンレスを使おう」など随所にこだわりながら作られた、紛れもなく”世界にひとつだけの鳴子”です。

バカと天才、情熱と狂気はいつも紙一重。

   

 

で、無事に今年のエイプリルフールも終了。

代表も大きな安堵感(そして来年同日へのプレッシャー)に包まれていたのですが、ここで嬉しい大誤算。

 

金属鳴子、想像以上にめちゃくちゃ反響がありました。

  

  

頭おかしいよな、わたしもそう思う。

 


 

アホとイケメンも紙一重。

  

    

技術に萌える工学部男子。

  

 

よさこいチームであることを疑われる広報チームの大罪。

 

 

  

これだけたくさんの方に興味を持っていただけた金属鳴子。

   

このままエイプリルフールのいちネタとして終わってしまうにはあまりにも勿体ない——

 

——ので。

  

  

 

今週土日の「京都さくらよさこい」で、出張金属鳴子します。

  

 

ということで、今週末は「京都さくらよさこい」ですね🌸

 

  

平成最後の京都さくらよさこい。

 

ぴとぅも毎年とても楽しみにしているお祭りが今年もやってきました。

桜舞い散る京の町で魅せる郷-Sato-。春の風とともに、ぜひ皆さんの懐かしい”ふるさと”を感じに来てください。

 

そして演舞だけでなく、ぜひ舞台下のぴとぅメンバーにも会いに来てください。

  

代表を捕まえてもらえれば、もれなく金属鳴子にふれていただけます。広報男子たちの魂の結晶です。

 

  

見た目のインパクト以上に凄まじい、実際持ってみたときの重量感に叫び驚きそこそこ引いてもらえると思っています。わたしは引いた。2.5kgは伊達じゃない。

  

🌸京都さくらよさこい 夢源風人TT🌸

◎4月6日(土)◎

11:07 神宮道

12:24 ゼスト

14:09 梅小路

15:26 京都駅ビル

◎4月7日(日)◎

11:14 ゼスト

12:38 神宮道

14:37 二条城

  

フォトコンのエントリーもどしどしお待ちしています📷

 

   

そして、今年も開催します。フォトコン in 京都さくらよさこい。

  

このさくよさでお披露目となるかんしゃらさん祭会さんとのコラボレーション企画です。 

お披露目演舞も後ほど上げていただく写真も楽しみ&楽しみ。皆さんふるってご参加ください。

 

(昨年の「さくら賞」はこちら)

 

『郷-Sato-』演舞、かんしゃらさん祭会さんその他いろんなチームのお披露目演舞、金属鳴子、フォトコン、京都、平安神宮、桜、金属鳴子。

  

いろんなお楽しみがギュっとつまった京都さくらよさこい。

いよいよ今週土日です。

ぜひ桜の下でお会いしましょう🌸 金属鳴子片手にお待ちしております🌸

 

むっちゃん

********

ぴとぅへのお問い合わせはこちらへお気軽に😊

Twitter:@mugenkajipitwu

LINE@:http://line.me/ti/p/@cca1992y

このWebサイトはぴとぅ広報班が管理しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。